ヘッドライン

スポーツ

阪神・糸井が右膝関節炎 ウエートトレ中、右膝に違和感

1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 19:59:25.74 ID:CAP_USER9.net

スポニチアネックス 1/24(火) 19:47配信

 オリックスからフリーエージェント権を行使して加入した阪神・糸井嘉男外野手(35)が、
ウエートトレーニング中に右膝に違和感を覚え、24日に大阪市内の病院で検査を受けた結果、
右膝関節炎と診断されていたことが判明した。この日、球団が発表した。

 軽症の見込みで、2月1日から始まる春季キャンプについても当初の予定通り、沖縄・宜野座で
行われる1軍キャンプに帯同する予定。ただし炎症が完治するまでは別メニュー調整となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000123-spnannex-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485255565

侍ジャパン27人発表!残り1人は後日 小久保監督「投手を中心とした守りになる」

1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 17:19:04.07 ID:CAP_USER9.net

サンケイスポーツ 1/24(火) 14:36配信

 野球日本代表「侍ジャパン」の小久保裕紀監督(45)は24日、東京都千代田区の
ホテルニューオータニで記者会見し、3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・
クラシック(WBC)に出場する27人を発表した。昨年12月に発表されていた
19人に加え、新たに8人が発表された。残る1人は辞退者が出たため、決定次第発表する。

 【投手】松井裕樹(楽天)、菅野智之(巨人)、秋吉亮(ヤクルト)、則本昂大(楽天)、
宮西尚生(日本ハム)、大谷翔平(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)、増井浩俊(日本ハム)、
石川歩(ロッテ)、岡田俊哉(中日)、牧田和久(西武)、千賀滉大(ソフトバンク)、
平野佳寿(オリックス)

 【捕手】小林誠司(巨人)、大野奨太(日本ハム)、嶋基宏(楽天)

 【内野手】松田宣浩(ソフトバンク)、菊池涼介(広島)、坂本勇人(巨人)、
中田翔(日本ハム)、山田哲人(ヤクルト)

 【外野手】内川聖一(ソフトバンク)、青木宣親(アストロズ)、平田良介(中日)、
筒香嘉智(DeNA)、鈴木誠也(広島)、秋山翔吾(西武)

 小久保監督は「目標は世界一です。投手陣は13人で思った編成ができた。投手を中心とした
守りになる」と明らかにした。また注目される大谷の起用法については「基本は投手だが、
日程的にどこで野手で使えるか考える。DHか代打になる」と説明した。

 一方、米大リーグ組は青木のみとなったが「結果的に投手が入らなかった。心苦しいが、
そうとしか申し上げられない」と苦しい事情もにじませた。

 侍ジャパンは2月23日に宮崎市内で合宿をスタート。同25日にはソフトバンクとの
オープニングゲーム(KIRISHIMAサンマリン宮崎)を行った後、同28日と3月1日には
台湾プロ野球選抜と壮行試合(ヤフオクドーム)、3月3日に阪神、同5日には
オリックスとの強化試合(京セラドーム)を経て、同7日のキューバとの開幕戦(東京ドーム)に
臨む。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000536-sanspo-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485245944

元SB李大浩が韓国球界に復帰! 古巣ロッテと4年約14.5億円と現地報道

1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 10:47:13.47 ID:CAP_USER9.net

Full-Count 1/24(火) 10:22配信

 去就が注目されていた元ソフトバンクの李大浩内野手が韓国球界に復帰することになった。
韓国の聯合ニュースが伝えている。李が契約するのは、プロデビューを果たしたロッテ・
ジャイアンツ。4年総額1290万ドル(約14億5300万円)で韓国のフリーエージェント(FA)史上
最高額だという。

 昨季プレーしたシアトル・マリナーズからFAになっていた李の所属先がようやく決まった。
アメリカ、日本、韓国の3か国でどこを選ぶのか、その去就に注目が集まっていたが、選んだのは
母国・韓国だった。2012年にオリックス入りするまで、プロデビューから11年プレーした古巣の
韓国ロッテと4年契約を結び、6年ぶりに韓国球界に復帰を果たす。

 韓国ロッテは、昨季まで主砲として活躍した黄載鈞がメジャー移籍を決断。ロッテからの
4年契約を断って、サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約で合意したと伝えられている。
黄の抜けた穴を李が埋める形になりそうだ。

 昨季マリナーズとマイナー契約を結び、メジャーキャンプに招待選手として参加した李は、
開幕メジャーロースター入りに成功。前半は代打の切り札として活躍したが後半に失速し、
107試合出場で打率.253、14本塁打、49打点の成績だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00010006-fullcount-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485222433

WBCメンバー発表 最後の1名を残して27名出揃う

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 14:21:05.73 ID:CAP_USER9.net

27名を発表、残る1枠は野手

 野球日本代表・侍ジャパンの小久保裕紀監督は24日、3月に開幕する「2017 ワールド・ベースボール・クラシック」の登録メンバー28名を発表した。

 事前に発表された18名とメジャーリーガー・青木宣親の19名はすでに決定しており、残る9つの枠の争いに注目が集まっていた中、投手6:野手2の8名の名前が発表。残る1枠は保留となった。登録メンバーの提出期限は2月6日となっており、それまでに最後の1名を選考して発表される。

 侍ジャパンは2月23日から強化合宿を行い、壮行試合・強化試合を経て本大会へ。初戦は3月7日のキューバ戦。世界一奪還へ向けた戦いが、もう間もなくはじまる。
侍ジャパン登録メンバー

【投手】
松井裕樹(楽天)
菅野智之(巨人)
秋吉 亮(ヤクルト)
則本昂大(楽天)
宮西尚生(日本ハム)
大谷翔平(日本ハム)
藤浪晋太郎(阪神)
増井浩俊(日本ハム)
石川 歩(ロッテ)
岡田俊哉(中日)
牧田和久(西武)
千賀滉大(ソフトバンク)
平野佳寿(オリックス)

【捕手】
小林誠司(巨人)
大野奨太(日本ハム)
嶋 基宏(楽天)

【内野手】
松田宣浩(ソフトバンク)
菊池涼介(広島)
坂本勇人(巨人)
中田 翔(日本ハム)
山田哲人(ヤクルト)

【外野手】
内川聖一(ソフトバンク)
青木宣親(アストロズ)
平田良介(中日)
筒香嘉智(DeNA)
鈴木誠也(広島)
秋山翔吾(西武)

※残る1名は野手

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00101454-baseballk-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485235265

北海道日本ハムファイターズ新球場誘致へ…北広島市がJRに新駅要望

1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 23:00:08.74 ID:CAP_USER9.net

北海道日本ハムファイターズの新球場の誘致を目指す北広島市が、23日、JR北海道に対し候補予定地近くに新しい駅を作ることを正式に要望し、協力して検討を始めることを確認しました。

北広島市は、ファイターズの新球場建設構想を受けて、誘致に向けた提案書を球団に提出しています。

市は課題となるアクセス面について、候補予定地となる総合運動公園の近くに、新しい駅を作るよう、23日正式にJR北海道に提案しました。J
Rは「何ができるか考えたい」として、北広島市と協力して新駅の検討を正式に進める考えです。

新駅は北広島市が設置費用などを負担する「請願駅」とする方向でも検討を進め、来月には市やファイターズによる、駅の需要予測などに基づいて、担当者同士での協議が行われる予定です。


1月23日(月)19時00分

http://news.hbc.co.jp/01232001.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485180008

雄弁だが万能ではない「数字」にご注意!代表例は「50メートル5秒7の俊足」 本当に走れたら日本記録保持者に…

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 20:03:50.94 ID:CAP_USER9.net

スポーツの世界で何よりも雄弁なものの一つに「数字」がある。比較対照としての物差しとして、これほど単純明快なものはないはず。ただ一つの数字だけで、簡単には計れないことが多いからなかなか厄介だ。

 米国ではつい先日、ヤンキースに復帰した守護神アロルディス・チャプマンがレッグプレスで約450キロ(990ポンド)の重量を扱っているニュースが話題となった。

 昨季世界最速105・1マイル(約169キロ)をマークした左腕。その剛速球の発射台となる下半身が、いかに鍛えられたものかというのがよく分かる。

 一方で国内に目を向ければ、日本のプロ野球選手も負けていない。一昨年1月、広島・新井は自主トレ公開で、600キロのレッグプレスを10度蹴り上げた。指導する広島市のジム「アスリート」の平岡洋二代表は「600キロは全盛期とほぼ一緒」とコメント。確かにあの下半身なら、と納得させられる。

 レッグプレスは、マシンを備えたスポーツジムなら器具をよく目にする一般的なメニュー。ジムに一日でも体験入会したことのある人なら、その数字を実感できると思う。ただより理解を深めるには、その重量で、どの角度で、何回上げて、何セット繰り返して、といった細かな数字も必要だ。チャプマンの450キロは1RM(1度で上げられる最大重量)ではないだろう。その数字の大きさにインパクトはあり、常人離れしていることは分かるが、比較論には使えない。

 違った理由で、個人的にアテにしていない数字の代表例が「50メートル5秒いくつの俊足」という類。たいていトップクラスの俊足アスリートは「5秒7の俊足」と評されることが多い。

 ただ50メートルの日本記録は朝原宣治が残した5秒75。これとて四捨五入すれば5秒8なわけで、50メートルを5秒7で本当に走れたら日本記録保持者になってしまう。野球やサッカーを辞め、陸上で頂点を目指すことを真剣に考えてもいいほどだ。

 なぜこのような事態が頻発するかというと、野球部やサッカー部のタイム計測は手動のストップウォッチでとられることがほとんどだから。本来なら「手動計で」と説明した方が親切だ。

 同じ手動タイムでいうと、投手の投球モーションのクイックタイムも誤差の範囲が広い。これも計測方法という同様の理由により。いずれも平均値を求め、「俊足」「クイックが速い投手」とザックリした棲み分けはできても、横で比較する物差しには不適当。単発では「雄弁」たりえない数字にはご用心を。(記者コラム・後藤 茂樹)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000094-spnannex-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485169430

楽天・オコエ瑠偉 家族公認の年上恋人とハワイ旅行写真

1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 18:07:50.04 ID:CAP_USER9.net

最強寒波が襲来した日本とは対照的に、1月でも真夏の陽気が味わえるハワイ。現地時間1月12日早朝のホノルル空港には、一組のアツアツなカップルの姿があった。

 男性は、自らの名前の由来になったという高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のリュックを背負った楽天イーグルスのオコエ瑠偉選手(19)。その傍らには茶髪のロングヘアの20代美女が寄り添っていた。吉高由里子に似た、おっとりした雰囲気である。

「日本への帰国便の搭乗まで少し時間があったからか、2人は免税店などでお土産を選んでいました。ショッピング中はオコエ選手が女性の大きなボストンバッグをずっと持ってあげていて、彼女を大切にしているのが伝わってきました。

 オコエ選手が話しかけると、彼女は声をあげて大笑いするなど、本当に仲睦まじいカップルでした」(目撃した日本人観光客)

 2015年夏の甲子園で大活躍。鳴り物入りのドラフト1位で昨年、楽天に入団したオコエ。首脳陣の期待も高く、高卒新人野手としては球団史上初の開幕一軍入りを果たした。開幕2戦目には俊足を活かしてプロ初盗塁を決め、6月にはプロ初ホームランを放つ。しかし、最終的には2度の二軍落ち、打率.185、本塁打1、打点6とプロの高い壁に跳ね返されるホロ苦いルーキーイヤーとなった。

 恋人とハワイを訪れたのは、大きな飛躍を誓う2年目のシーズンを前に英気を養うためだったのか。オコエの知人が語る。

「2人が宿泊したのはハネムーン日本人カップルに人気のワイキキの高級ホテル・Mです。今回の旅行は、周囲にもほとんど知らせていない極秘中の極秘。それだけ2人きりの時間を大切にしたかったんでしょうね」

 オコエと彼女は1月13日、成田空港に帰国。長時間のフライトの疲れからか、彼女は顔を隠すためにマスクをかけていたが、空港まで迎えにきたオコエの母親の姿を見るやマスクを外し、笑顔を浮かべて深々と挨拶した。

 そして、母親が運転する車で東京郊外のオコエの実家へと向かった。ここではオコエの母方の祖父母も暮らしており、彼女は家族公認の恋人のようだ。前出の知人が語る。

「彼女は一般人で、オコエより3歳年上だと聞いています。昨シーズン、力を出し切れなかったオコエを時には厳しい言葉で励まし、支えたようです」

 彼女とも仲良しなオコエの母親を直撃すると笑みを浮かべながら「取材はお断わりしてまーす」というのみ。オコエの所属する楽天は、「球団としては完全にプライベートなことなので、個人に任せています」とのことだった。

 プロ野球選手にとって、“姉さん女房”の存在は成功への鍵ともいえる。メジャーリーグで活躍するイチロー、田中将大、前田健太はみな年上の女性と結婚。このオフも西武の菊池雄星が5歳年上のフリーキャスター・深津瑠美と、ロッテの涌井秀章が6歳年上のモデル・押切もえと結婚した。野村克也、江川卓、落合博満、原辰徳といったかつてのスーパースターたちも“姉さん女房”を娶った。

 2度の結婚がどちらも年上の女性だった400勝投手・金田正一氏がいう。

「遠征の多い野球選手の場合、年上の女性の方が安心して食事面や健康面、子育ても任せられる。自分が知らないことを知っている年上の女性の方が頼りになる。試合では緊張状態が続くため、家庭では甘えられる姉さん女房がいいんだ。それに浮気にも寛大で少々のことでは騒がない(笑い)」

“1億円プレイヤーになって空飛ぶ車を買う”という壮大な夢を語っているオコエ。姉さん彼女の支えで今季の大活躍を期待したい。

※週刊ポスト2017年2月3日号

2017.01.22 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20170122_486318.html?PAGE=1
http://parts.news-postseven.com/picture/2017/01/okoe1.jpg

http://parts.news-postseven.com/picture/2017/01/okoe2.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485162470

「U-24」+「OA3枠」で新大会 日本、韓国、台湾が参加、優勝賞金2000万円

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 16:46:52.74 ID:CAP_USER9.net

11月に「アジア プロ野球チャンピオンシップ」を開催

 NPBとNPBエンタープライズは23日、今年11月に新大会「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」が開催されることが決まったと発表した。日本、韓国、台湾が参加。参加チームは24歳以下の選手で構成され、オーバーエイジ枠が3枠設けられる。また優勝賞金は2000万円、準優勝は500万円となる。

 新大会は11月16日から19日の日程で、東京ドームで開催。3か国総当たりで予選を実施し、1位と2位が決勝を戦う。NPB統一球を使用し、全試合DH制となる。また、次回大会は4年後の2021年に開催される予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00010011-fullcount-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485157612

ダルビッシュ、炭水化物制限ダイエット中…筋肉量維持しながら脂肪落とす

1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 09:36:12.45 ID:CAP_USER9.net

レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)は現在、筋量の減少を最小限に
とどめながら脂肪分を落とす「ローカーボダイエット」の一種、ケトン体ダイエット
(※1)を実践中。筋量を増やすため、オフの本格的なトレーニング開始から
10~12週間は炭水化物もタンパク質も多く取ってきたが、次の段階だ。

 「(今は)炭水化物をほぼ取らない。筋肉量を維持しながらダイエットする。
糖質(制限)ダイエットというより、自分はケトジェニック(ケトン体)ダイエット。
それをやれば筋肉を維持して脂肪を落とせる」。4週間続けるといい、
「毎年やっていくことで筋肉だけが増えていくサイクルとなる。そのための
ローカーボ期間。全然楽です。焼き肉とかも行けます」と言葉を続けた。

 オフに出演したテレビ番組では、日本球界への提言として
「チームの走り込みをなくすこと。筋肉が削り取られる」と話した(※2)。もちろん
根拠がある。「研究でも、10分以上のランニング(などの有酸素運動)をすると
遅筋が有利になってしまう」。投球時などの瞬発的なパワーを生む速筋の割合が減る。
だから、シーズン中もダルビッシュは原則的に有酸素運動をしない。
「走るのが本当に大好きという人だったら、ちょっとくらいランニングをした方が
逆に良かったりということもある。ストレスによる体への影響は大きいので。でも僕は
ランニングとか有酸素運動とか、わざわざ苦しいことをやるほどMじゃない」と
笑みも交えて話した。

 トミー・ジョン手術は、復帰後2年目こそ好結果を残すケースが圧倒的に多い。
そのシーズンに向けて「普通に一年間ちゃんと投げたい。チームの力に一年間、
最初からなりたい」と意欲。穏やかな表情の中にも、オフに積み重ねたものへの自信が
うかがえた。(アーリントン・奥田 秀樹通信員)

 (※1)ローカーボダイエットとは糖質を制限するダイエットのこと。この一種である
ケトン体ダイエットでは、炭水化物の摂取を減らし、エネルギー源として体内の脂肪が
分解されたケトン体が使用される状態になることを目指す。

 (※2)1月3日にGAORAで放送された特番で、ダルビッシュの日本ハム時代から
解説者として取材していたDeNA・光山バッテリーコーチのインタビューに答える形で、
日本のキャンプでのトレーニング方法に疑問を呈した。

http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/23/kiji/20170123s00001007077000c.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485131772

WBC侍Jの日本人メジャー投手全滅濃厚 辞退の是非を問うべきか? 権威が無く興行が成り立たず打ち切りになると言う論調高まる

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 16:46:25.49 ID:CAP_USER9.net

WBCでの2大会ぶりのV奪回に挑む侍ジャパンへのメジャーリーガー投手の参戦は、ほぼ全滅となることが濃厚になった。ストッパーに期待されていたカブスの上原浩治が、年末に「本当に悔しい思いがありますが、カブスの一員になったわけでチームの社長、GMから、あまり出てほしくない旨を言われたら仕方ない」と辞退を表明、先日、ドジャースの前田健太に関しても米国発の辞退ニュースが飛び込み、レンジャースのダルビッシュ有も、現地での球団イベントでのコメントを現地メディアが取り上げる形で、「トミー・ジョン手術後(2年目)は、リスクが大きすぎる」という理由で正式辞退することが伝わった。

 まだ正式辞退が明らかになっていないヤンキースの田中将大、マリナーズの岩隈久志、マーリンズの田澤純一の3人の参加も絶望的で、侍ジャパンは2大会続けて日本人メジャー投手抜きの“純国産組”で戦わねばならなくなった。投手力が侍ジャパンの世界に通じる長所だけに、ベスト布陣を組めないのは厳しい状況だ。

 なぜメジャー投手のWBC出場は、全滅濃厚となったのか。上原などは「申し訳ない」ともブログで発言しているが、謝る必要などあるのか、その辞退の是非を問うべきなのか?

 背景には、メジャーの契約システムと、チームでの立場、それぞれの選手が多かれ少なかれ故障の不安を抱えているという問題がある。一昨年オフにドジャースに移籍したマエケンは、身体検査で異常が判明して、異例とも言える出来高重視の契約となった。岩隈も、その年、先にドジャースと契約寸前までいきながら同じく身体検査が通らずにマリナーズと再契約を結んだという事情がある。ケアをしっかりと行えば不安はないが、球団サイドからすれば、一度でも、肩、肘に異常が発生した投手に無理をしてもらいたくはない。ダルビッシュは、2年前にトミー・ジョン手術を終えているだけになおさらである。

 しかも、16勝したマエケンは、ド軍でカーショーの12勝より上の勝ち頭。同じく16勝の岩隈もチーム最多で199回も登板しているエースゆえ、立場上、チームが万全を求めるのは当然だ。

 加えてメジャー特有の契約の体系が背景にある。 

 昨年14勝4敗、防御率3.07のマー君は、2013年オフにポスティングでヤンキースに移籍した際、7年1億5500万ドル(約170億円)という大型契約でサインした。今季は4年目。球団として、巨額な投資額を回収するまで、決して故障離脱はさせたくない。右肘に異常が見つかった過去もある。
 そして今季を終えると自らの意思でFAになれる「オプトアウト」という契約を結んでいるため、その権利を行使した後にさらに好条件の契約を勝ち取るためには、今季の結果が非常に大事であり、球団だけでなく、代理人サイドも、オフの評価につながることのないWBCに強行出場することなど好まない。ダルビッシュもまた今季オフにFA権利を得る状況にある。

WBCでの2大会ぶりのV奪回に挑む侍ジャパンへのメジャーリーガー投手の参戦は、ほぼ全滅となることが濃厚になった。ストッパーに期待されていたカブスの上原浩治が、年末に「本当に悔しい思いがありますが、カブスの一員になったわけでチームの社長、GMから、あまり出てほしくない旨を言われたら仕方ない」と辞退を表明、先日、ドジャースの前田健太に関しても米国発の辞退ニュースが飛び込み、レンジャースのダルビッシュ有も、現地での球団イベントでのコメントを現地メディアが取り上げる形で、「トミー・ジョン手術後(2年目)は、リスクが大きすぎる」という理由で正式辞退することが伝わった。

 まだ正式辞退が明らかになっていないヤンキースの田中将大、マリナーズの岩隈久志、マーリンズの田澤純一の3人の参加も絶望的で、侍ジャパンは2大会続けて日本人メジャー投手抜きの“純国産組”で戦わねばならなくなった。投手力が侍ジャパンの世界に通じる長所だけに、ベスト布陣を組めないのは厳しい状況だ。

 なぜメジャー投手のWBC出場は、全滅濃厚となったのか。上原などは「申し訳ない」ともブログで発言しているが、謝る必要などあるのか、その辞退の是非を問うべきなのか?

4 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 16:47:30.04 ID:CAP_USER9.net

上原、田澤は、共にレッドソックスから移籍した初年度。綿密なチーム編成を練って、新戦力を迎えるチーム側も、新天地で勝負する側も、万全を期したいと考えるのは当然だろう。

 そもそも過去3大会に出場した日本人メジャー投手は、たった2人しかいない。第1回大会は、パドレスからレンジャーズに移籍したばかりの大塚晶則が参加。抑えとして5試合に登板、1セーブ、防御率1.59の数字を残し胴上げ投手となったが、この大会はまだWBCが海のものとも山のものともわからず各チームも静観しており、出場に関しては本人任せの傾向が強かった。

 もう一人は、日本が連覇した第1回、第2回大会で、連続MVPを獲得した松坂大輔。第1回大会は西武に所属していたが、第2回大会はレッドソックスで前年に18勝を挙げた2年目だった。しかも、オフに内転筋を痛めて体調は万全ではなかったが、その故障を無理して大会に出て、結果、そのシーズンは途中DL入りするなど大不調に終わり、2年後のトミー・ジョン手術へとつながってしまう。松坂は巨大な複数年契約を結んでいたため、球数制限が設けられていても、試合の時期が早く、調整が例年と違うなどの問題が、コンディションに大きく影響するというWBC出場のリスクを象徴する最悪の実例となった。

 野手への影響は、投手ほどでもないとも考えられていたが、第2回大会でチームを引っ張ったイチローも、大会終了後、体調を崩した。
 前回大会は、上原浩治、黒田博樹、岩隈久志、ダルビッシュ有、田澤純一のメジャー5人衆全員が辞退したが、松坂の例を見て、球団も代理人サイドも、なおさら慎重になったのも無理はない。

 そして、もうひとつWBCという大会の価値観、権威の問題がある。

 サッカーのW杯では所属クラブの契約よりもW杯出場が優先される。2002年の日韓W杯の直前に怪我をしたイングランドのベッカムが、最新の治療を施して強行出場にこぎつけたのは顕著な例だが、W杯後のプレーへの影響を考慮しての辞退は少ない。また欧州クラブの日程なども、W杯優先に作られプライオリティが違う。母国における名誉に加え、W杯はクラブのスカウティングの最高の見本市の場でもあり、ここでの活躍は、その後のキャリアアップにも大きな影響を及ぼす。選手の多くが「人生をかける大会」と明言するにもうなずけるだけの大会そのものに歴史と権威がある。

5 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 16:47:49.12 ID:CAP_USER9.net

そのサッカーW杯の野球版を目指してスタートしたはずのWBCだが、実情は、あまりにお粗末だ。
 肝心のメジャー各球団の足並みもそろわず、WBC出場を優先させるような環境も保障も整っていない。米国にしても、五輪に向かうバスケットのドリームチームのようなチーム形成はできず、それが証拠に連覇を果たした日本の野球が、「メジャーより上」という評価を受けたのは一部に過ぎなかった。

 前大会でドミニカが優勝、決勝を争ったプエルトリコ、ベネズエラなど中南米のチームはメジャーリーガーが積極的に参加、力を入れ始めたが、まだ大会の権威が大きく向上するほどでもなく、リスクこそあれ、「レギュラーシーズンよりもWBCを優先」という風潮には程遠い。野球版W杯どころか、興行が成り立たず、もう、打ち切りになるという論調が高まっている始末。そもそも競技の成り立ちや、世界での行われている地域や競技者人口も、歴史も違うサッカーのW杯を追いかけることがナンセンスだったのかもしれない。

 元ヤクルト、西武監督で、ロッテでGMも務めた広岡達朗氏は、「WBCの存在を米国では多くの野球ファンがエキジビジョンだと捉えている。誰も知らない。そんな大会で無理をするよりシーズンが大事だと考えるのは当然だろう。真剣なのは、日本と韓国、そしてキューバくらいじゃないか。大会に権威がないのだから、契約でがんじからめになっている選手が、それをふりほどいてまで出ようとは思わないのは当然」と言う意見。

 日本の野球ファンにとってはWBCは興味深く楽しみな大会だが、メジャーのファンにしてみれば「世界一」を決めるのは、ワールドシリーズであり、すでにTHE PAGEで報道したが、WBCのチケットより人気チームのオープン戦のほうが人気がある。

 怪我した場合の故障もなく、ただ失敗した場合のリスクだけが存在するWBCの現状を考えると、野球人生を賭けて挑むような大会ではない。日本のチームからも楽天の梨田監督のように、選手を取られたくない、という意見が出てくるのも当然と言えば当然で、「辞退するなどけしからん」と声高に批判することはできない。しょうがないよ、もっともだよねとそう答えるしかないし、彼らが辞退せざるえなかった原因がどこにあるのか、を考えるべきだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000001-wordleafs-base&p=3


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485071185
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ