1 名前:Egg ★:2021/01/10(日) 10:51:21.62 ID:CAP_USER9.net
――最近、プロ野球で選手に「罰走」を与えたことが話題になりました。
それに限らず、スポーツ界には教え子がミスをする、あるいは自分の思い通りに動かない時に罰を与えるという文化が当たり前にあるように思います。

なぜ、指導者は罰で解決しようとするのでしょうか?

「僕は原因が2つあると思います。1つ目は指導者自身がそういうコーチングを受けてきたことです。
自分がミスをした時にペナルティーを課されてきたから、結果的に指導者として引き出しの1つ目がそうなってしまう。

2つ目は指導者が解決に導く方法を分かってないことです。

どういうコーチング、指導をすればミスが解消されるか、ということを理解していない。だから『なんとなく、精神的に鍛えられるだろう』と思って走らせる。死ぬほどダッシュをさせる。
バレーボールなら、左右に振って永遠にレシーブを受けさせる、そういう感じでしょうか。でも、陸上競技に罰走ってないんですよ。いつも走っているので(笑)」

――言われてみれば、そうですね。陸上部が受ける罰ってどんなことがあるんでしょう?

「きっと、反省文くらいじゃないですか?(笑) 陸上部で結果が出なくて『400メートル×10本走っておけ』なんて聞いたこともないです。でも、それもズレまくっていると思います。
反省文を書いたところで、冷静に考えたら何の解決にもならないじゃないですか。大切なことは、なんでミスが起きたかを一緒に考えてあげて、それが起きないためにどうすればいいかを選手と導き出すことじゃないでしょうか。
『起きたこと』と『起きないようにすること』の2つをちゃんと考えれば早いと思うんです」

――秋本さんはトップ選手のみならず、子供たちに指導する機会も多いですよね。

「僕は日本サッカー協会(JFA)が展開するプロジェクトで『夢先生』をやらせてもらっていて、全国の小学生と交流する機会があります。
前半はゲーム、後半は授業という形式ですが、そのゲームの時間のメニュー構成が素晴らしくて、みんなで協力しないと絶対にクリアできない仕組みになっているんです。

例えば、『だるまさんがころんだ』をします。鬼役のアシスタントがボールを投げ、手からボールを離れている間は動いて良くて、ボールを持ったら止まってくださいというルールで始めるのですが、途中から子供たちで手をつないでやってもらうんです。

そうなると“自分が自分が”という子がいると手が離れてしまいます。それもアウト。みんなで協力しなければいけません。子供たちは自分が1番になることより、みんなで一緒にクリアすることを考えさせるようになります。
そういうゲームが『夢先生』には、たくさん用意されているんです。そして、何回もクリアできないと夢先生と作戦を立てましょうという時間が設けられています。『どうすればいい?』とだけ聞いても、自分の主張が始まり、まとまりません。
そこで、僕がやるのは『なんで今、失敗したかな?』と、その理由を聞くことです」

2021.01.09 THE ANSWER
https://the-ans.jp/column/141512/

写真



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1610243481
3 名前:名無しさん@恐縮です:2021/01/10(日) 10:53:04.77 ID:oBjxrE4jO.net

そんなことやらせるの阿部だけだろ


17 名前:名無しさん@恐縮です:2021/01/10(日) 11:01:58.37 ID:NpFeLwj+0.net

カルトだから
科学を否定してこ存在感が出るんだよカルトって


26 名前:名無しさん@恐縮です:2021/01/10(日) 11:10:43.75 ID:tLMinbPP0.net

アメリカでも普通にあるよね

腕立て伏せの刑とか


42 名前:名無しさん@恐縮です:2021/01/10(日) 11:39:27.82 ID:AxbnCHb00.net

負けたら網走にみえた


48 名前:名無しさん@恐縮です:2021/01/10(日) 12:10:52.42 ID:ENXdi/Oy0.net

自分の責任を回避しとんのかね


52 名前:名無しさん@恐縮です:2021/01/10(日) 12:39:20.25 ID:a5sJgZe30.net

選手を罵倒して育てるほうがいいんだよ
SBの甲斐を育てたのは達川光男  ここまで書けば判るだろw


70 名前:名無しさん@恐縮です:2021/01/10(日) 21:11:20.23 ID:V4XfihzI0.net

教場インスパイアだなきっと