1 名前:Egg ★:2020/09/28(月) 22:34:03.37 ID:CAP_USER9.net
野球・独立リーグがかつてないほどの注目を集めている。「田澤ルール」によりNPB入団を許されなかった田澤純一や、昨季台湾で現役復帰した川崎宗則が独立リーグに参戦。
2006年に世界一に輝いた侍ジャパンでの川崎・西岡剛の二遊間コンビ復活も大きな話題となった。近年ドラフト指名を受ける選手も増えており、着実にその存在感は大きくなっている。

だがそうした話題性や存在感の高まりに反し、その実態についてまだまだ知られているとはいえないのが現状だ。独立リーグとは何か? いつから、何のために誕生したのか? 
どんなに勝利したところでNPBに昇格できるわけではなく、観客は少なくてチーム経営も苦しい。それでも独立リーグが存在する意義、理由とはいったい――。

ムネリンがデビュー戦第1打席の初球でホームラン!

9月13日、栃木県の小山運動公園野球場でルートインBCリーグの公式戦、栃木ゴールデンブレーブス対茨城アストロプラネッツの試合が行われた。
この試合、「2番・三塁」でスタメン出場した川崎宗則は、第1打席の初球を強振。打球はライト芝生席に飛び込む特大弾となった。

2018年に自律神経の病気を理由に福岡ソフトバンクホークスを退団。昨季は台湾・味全ドラゴンズでプレーした川崎にとって、この試合は実に3年ぶりとなる日本での実戦。加えて「独立リーグデビュー戦」でもあった。

今年は川崎だけでなく、7月13日に同じくルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに田澤純一(元ボストン・レッドソックスなど)が入団。また、昨年からは川崎と同じ栃木で西岡剛がプレーしており、
2006年ワールドベースボールクラシックで優勝した侍ジャパンの二遊間コンビ復活も大きな話題となった。現在BCリーグには3人の元メジャーリーガーが選手として在籍していることになる。

このような背景からも今年は「独立リーグ」の名を目にすることが例年以上に多くなったように思える。
ただ、独立リーグの存在は知っていても、その実態や、そもそもの存在意義、野球界における役割などを把握している人は、どれだけいるのだろうか――。

9/28(月) 18:02配信 REALSPORTS
https://news.yahoo.co.jp/articles/30d8d21689110e5dd2924bf2bbd0bf17364aae8c

写真



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601300043
37 名前:名無しさん@恐縮です:2020/09/28(月) 23:10:23.83 ID:o27qFVqy0.net

関西独立リーグは無給だからプロとは呼べんだろ


43 名前:名無しさん@恐縮です:2020/09/28(月) 23:25:03.94 ID:vpAejGbF0.net

川崎や西岡って独立リーグでの給料いくらなの?