1 名前:ネギうどん ★:2020/09/16(水) 11:57:53.76 ID:CAP_USER9.net
 オリックス球団とイチロー氏との接点はもうないのか…。オリックスでは15日からの楽天との3連戦(神戸)で「THANKS KOBE~がんばろうKOBE 25th」と題したイベントを開催。1995年の優勝時を振り返り、盛りだくさんの演出がなされた。しかし、スローガンの象徴的存在だったイチロー氏(46=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)に協力を仰ぐことはできなかった。両者の関係は現在、どうなっているのか。
 
 阪神・淡路大震災からの感動的な優勝から25年。節目のイベントで選手は「ブルーウェーブ」復刻ユニホームを着用し、球団ユーチューブチャンネルのトークショーにはOBの星野伸之氏、大島公一氏、藤井康雄氏らが登場。他にもマスコット・ネッピー、16日には「イチロ~、スズキ~」でおなじみだったD・J KIMURA氏のアナウンスも復活する。パネル展やグッズも発売され、まさに「がんばろうKOBE」一色だ。

 しかし、主役だったはずのイチロー氏はビジョンの特別動画でわずかに映っただけで、フォーカスされることは今回もなかった。これまで何度かあったレジェンドデーや震災関連のイベントにもビデオレターすら実現しておらず、今回も絶好のタイミングにもかかわらず、球団はオファーすら出していないという。

 ある球団幹部は「もちろんファンが望んでいるのはわかっていますが、ビデオレターといっても事務所を通さないといけないし、敷居が高いというのはある。球団の誰がお願いするのか、ということも…。今回も名前は会議に挙がっていません。存在が大きくなりすぎて遠慮している部分はあります」と話す。

 オリックス本社のCMに出演したり、オフの神戸で自主トレなど、宮内オーナーをはじめ古くからの関係者とのパイプはある。とはいえ、球団との公式な接点となると2006年にオリックスの宮古島キャンプに参加して以降〝疎遠〟の状態だ。

「もしかしたらオファーを出せば、二つ返事で引き受けてくれていたかもしれませんね。神戸のためならって…。5年後の震災30年にはお願いしたい。ダメ元でも踏み出さないといけないですね」(同)

 世界のスーパースターとなった球団自慢のOBだけに…。球団フロントには何とか「やる気MAX オリックス!」の姿勢を見せてもらいたいところだが。

https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2184357/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1600225073
4 名前:名無しさん@恐縮です:2020/09/16(水) 12:15:50.92 ID:NGWRTrbw0.net

やる気マックスだな


16 名前:名無しさん@恐縮です:2020/09/16(水) 14:08:02.29 ID:sqDmL/AD0.net

現役復帰出来んのか?


19 名前:名無しさん@恐縮です:2020/09/16(水) 14:37:18.48 ID:HbBaN0Uy0.net

まあイチローにしてみれば仰木監督が亡くなった時点でオリックスに義理立てする必要は無くなってるしなぁ