1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/06/23(火) 17:48:33 ID:i9mLy/eA9.net
開幕戦で見事完投勝利を挙げた、令和カープのエース・大瀬良大地。カープの長きにわたる歴史の中では、いつの時代も各球団のライバルたちと息詰まる投手戦を演じ、数多くの勝利をもたらしてきたエースたちが存在していた。

ここではカープが初優勝を果たした1975年以降にカープ投手陣の大黒柱として活躍してきた日本人エースの軌跡を辿っていく。

◆広島のミスターパーフェクト・外木場義郎

通算成績:445試合 131勝138敗3S 防御率2.88

 プロ初勝利がノーヒットノーランという異次元の大投手。初優勝以前、万年Bクラスに甘んじていた時代に計3度のノーヒットノーラン(内ひとつは完全試合)を記録し、孤軍奮闘した。史上初のAクラス入りを果たした1968年から初優勝を果たした1975年にかけては、8度にわたり二桁勝利を達成している。

◆独特フォームで真っ向勝負・池谷公二郎

通算成績:325試合 103勝84敗10S 防御率4.13

 プロ1年目から一軍に定着し、古葉監督が就任した2年目は先発の柱として18勝を挙げて、大車輪の活躍を見せた。チームがリーグ初優勝を果たした1975年から4年連続で200投球回超えとフル稼働し、3度のリーグ優勝、2度の日本一に大きく貢献している。北別府学、山根和夫らと共に、カープの第一次黄金期を築き上げた。

◆七色の変化球を駆使・大野豊

通算成績・707試合 148勝100敗138S 防御率2.90

 現役22年間は先発、中継ぎ、抑えとフル回転し100勝100セーブを達成。1980年代は先発として北別府、川口らと共にカープ投手王国を支え続けた。1997年には41歳で最優秀防御率のタイトルを獲得するなど、引退間際までエースの仕事を全う。特徴的な投球フォームは今もカープファンの心に残っている。

◆“荒れ球”の奪三振王・川口和久

通算成績:435試合 139勝135敗4S 防御率3.38

 キレのある直球を武器に、昭和後期から平成初期にかけて活躍した左腕。制球力にやや難があったとはいえ、それが適度な荒れ球となり打者を幻惑。通算2092個(歴代17位)という数字が示すように、長年にわたり三振の山を築いていった。完投能力も高く、大野と共に左腕のエースとして投手王国を形成。1986年から6年連続二桁勝利を記録し、2度の優勝に貢献。

◆精密機械・北別府学

通算成績:515試合 213勝141敗5S 防御率3.67

 プロ2年目に先発ローテーションに定着。3年目の1978年から1988年まで、11年連続で二桁勝利を記録するなど二度の沢村賞にも輝いた。現役時代に残した通算213勝は歴代18位、先発勝利数200勝は歴代10位、通算完投数135は歴代35位の大記録。針の穴を通す制球力は精密機械と呼ばれ、投手王国のエースに君臨し続けた。

◆驚異のタフネス右腕・佐々岡真司

通算成績:570試合 138勝153敗106S 防御率3.58

 プロ1年目の1990年からエースナンバーを背負い、先発、抑えでフル回転。離脱が少なく、2007年の引退まで全ての年で勝利を記録した。先発100勝、100セーブは江夏豊以来史上2人目の大記録。先発のみに専念すれば200勝到達は確実と言われた平成屈指の大エースだ。今シーズンからは監督という立場で、後輩にエース魂を注入している。

◆ミスター完投の漢気右腕・黒田博樹

日米通算成績:533試合 203勝184敗1S 防御率3.51

 通算6度の最多完投を誇る“ミスター完投”は、低迷期の2000年代の投手陣を気迫溢れる投球で牽引した。2007年オフに米大リーグに移籍したが、2014年オフにカープに電撃復帰する“漢気”を見せた。投手陣の精神的支柱として2016年、チームに25年ぶりの優勝をもたらし、同年現役を引退。現役時代の背番号15は、山本浩二(8)、衣笠祥雄(3)に次ぐ永久欠番となった。

◆海を渡った天才投手・前田健太

日米通算成績:355試合 144勝102敗6S 防御率2.80

 高卒2年目の2008年、前年まで佐々岡が背負っていたエースナンバー・18を託された前田健太。耳目を集めた右腕は、その重圧を力に変えて9勝をマーク。『地位は人をつくる』を地で行く活躍で、エースの座を射止めてみせた。2015年オフにかねてからの夢であったメジャーリーグに挑戦。カープのエースは世界のエースを目指して今も奮闘中だ。



6/23(火) 17:30 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200623-00100380-hathlete-base


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592902113
27 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 18:14:23 ID:lForBddP0.net

カープ一文字名字伝説





34 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 18:20:25.79 ID:+7khfPe40.net

一瞬だけ岡田明丈


36 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 18:22:43 ID:3ysKGELj0.net

大野は好きだったな。


38 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 18:23:29 ID:uNuCAaKc0.net

次代を担う若者というような表現は知っているが、
時代を担う投手とはすごい人がいたもんだ。


43 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 18:35:57 ID:cepOBjfY0.net

森下は良さそうだ こちらは梅津さw


46 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 18:38:06.79 ID:Jh4FlPsU0.net

外木場はノーノー3回やってるからな。


62 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 19:08:16.76 ID:zD/QzchI0.net

亀頭好きだったなー


65 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 19:14:01.58 ID:5LA068Q70.net

大野のキャリア通算2.90は立派だな
北別府の方がすごいのかと思ってたわ


68 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 19:21:56 ID:w1DrwrmM0.net

あ、秋元とか(´・ω・`)


71 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 19:23:30 ID:r5DGyuHy0.net

北別府は引退したら良い指導者になると思っていただけに、
すぐにコーチ業に見切りをつけてタレントになったのは意外だった
同じことが前田智徳にもいえる


78 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 19:33:22.85 ID:dLYdbo4V0.net

山内とかいう変な投げ方のやつ好きだったわ


96 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 19:56:51.42 ID:iK3RM4Ry0.net

90年代半ば~後半は山内とか澤崎とか小林幹英とか短命多かったなあ


97 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/23(火) 19:57:53.81 ID:iK3RM4Ry0.net

大野は今の時代でもバリバリ通用するやろな