1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/05/31(日) 22:35:40 ID:wRgGHKv/9.net
2005年からスタートした育成ドラフト。これまで多くの選手が指名されてプロ入りしており、中には千賀滉大や甲斐拓也(いずれもソフトバンク)のように球界を代表するクラスにまで成長した選手も存在している。そこで今回は育成選手としてプロ入りした歴代選手の中からベストナインを選出してみた。なお投手については対象が非常に多かったため、オールスターゲームのファン投票と同様に先発、中継ぎ、抑えの3部門で選出している。

先発:千賀滉大(ソフトバンク)
171試合 55勝29敗1セーブ20ホールド 防御率2.78

中継ぎ:山口鉄也(巨人)
642試合 52勝27敗29セーブ273ホールド 防御率2.34

抑え:西野勇士(ロッテ)
233試合 18勝21敗88セーブ23ホールド 防御率3.23

捕手:甲斐拓也(ソフトバンク)
388試合 214安打23本塁打99打点15盗塁 打率.237

一塁:小斉祐輔(ソフトバンク→楽天)
165試合 66安打7本塁打32打点2盗塁 打率.209

二塁:牧原大成(ソフトバンク)
289試合 209安打6本塁打63打点25盗塁 打率.257

三塁:亀沢恭平(ソフトバンク→中日)
421試合 249安打2本塁打40打点25盗塁 打率.265

遊撃:内村賢介(楽天→DeNA)
596試合 340安打1本塁打97打点100盗塁 打率.246

外野:岡田幸文(ロッテ)
910試合 573安打0本塁打119打点142盗塁 打率.255

外野:松本哲也(巨人)
591試合 336安打0本塁打57打点65盗塁 打率.263

外野:中村真人(楽天)
292試合 216安打6本塁打69打点15盗塁 打率.269

 先発投手は文句なしで千賀になるだろう。蒲郡高校時代は全く無名の存在だったが、2年目には早くも支配下登録されると翌年にはセットアッパーに定着。先発に転向した2016年以降は4年連続で二桁勝利をマークし、チームはおろか球界を代表する投手となっている。近い将来、育成選手出身では初となるメジャーリーガー誕生の可能性も高いだろう。

 中継ぎも迷うことなく山口を選出した。プロ入り2年目の4月に支配下登録されると、層の厚い巨人の中でも中継ぎとしての地位を確立。翌年からは9年連続60試合登板というプロ野球記録を打ち立て、まさに鉄腕と呼べる活躍を見せた。2019年シーズン終了時点では、育成選手出身で最も成功した選手と言えるだろう。

 抑えの西野は支配下登録まで4年かかったものの、一軍デビューとなった2013年に先発としていきなり9勝をマークしてブレイク。翌年からは抑えに転向して3年連続20セーブ以上をマークし、2015年には第1回プレミア12の日本代表候補にも選出されている。2017年以降は故障もあって成績を落としたが、昨年は37試合に登板するなど復活の兆しを見せている。

 こう見ると投手3人はいずれも日本代表クラスであるが、他にも現役で一軍の戦力となっている選手は多く、山田大樹(ソフトバンク→ヤクルト)、二保旭(ソフトバンク)、国吉佑樹(DeNA)、島本浩也(阪神)、石川柊太(ソフトバンク)、砂田毅樹(DeNA)、三ツ間卓也(中日)、張奕(オリックス)、榊原翼(オリックス)、神戸文也(オリックス)、大竹耕太郎(ソフトバンク)などの名前が挙がる。今年も長谷川宙輝(ソフトバンク→ヤクルト)、尾形崇斗(ソフトバンク)、漆原大晟(オリックス)が育成選手から支配下登録されており、いまや育成出身の投手は球界の一大勢力となっていると言えるだろう。

5/31(日) 16:00 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200529-00000062-sasahi-base


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590932140
27 名前:名無しさん@恐縮です:2020/06/01(月) 02:55:11 ID:YiTMHhT40.net

内村最大の功績は藤田の守備に陽の目を見せたこと