1 名前:名無しのベースボールファンさん:2014/03/25 01:30:05

明徳義塾の尾崎が監督の指示に“背いて”チームを救った。1点を勝ち越された直後の12回1死一、三塁。
馬淵監督から「初球から甘い球は振っていけ」との指示を受け打席に向かった。しかし1ボールから真ん中付近の
甘い球を見逃し、4球目にスクイズを決めた。

見逃したことについて尾崎は「1ストライクになればスクイズのサインが出ると思っていた。スクイズに
自信があるのでわざと見逃した」と笑顔で説明。選手の思惑通りにサインを出した指揮官は「ストライクを
取りにくると思って出した。よく決めてくれた」とたたえた。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/24/kiji/K20140324007839510.html