ヘッドライン

中日に内紛!朝倉コーチvs大野…ノック受けさせず

1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 08:06:36.58 ID:CAP_USER9.net

日刊スポーツ 2/15(水) 7:55配信

 中日大野雄大投手(28)が練習メニューを巡り、朝倉健太投手コーチ(35)と衝突する
ハプニングがあった。両者の認識の違いが原因で、14日の練習メニュー表は大野の欄だけ
「白紙」だった。101球のブルペン投球をするなどこれまで通り精力的に動いたが、
その裏側では、開幕投手の筆頭に挙がる左腕が思わぬ事態に陥っていた。

 目を疑うようなシーンだった。ブルペン投球を終えた大野がサブグラウンドへ。朝倉コーチが
打つ投手ノックに入ろうとすると、制された。朝倉コーチは「自分で練習するように(なっている)。
自主性というのがあるので」と説明した。大野は投手小屋へ戻り、約50分もこもった。途中の数分間、
朝倉コーチも小屋に入り、話し合った可能性はある。大野はその後、若手と一緒に近藤投手コーチの
ノックを受けた。ランニングなど他の投手と変わりない練習をこなした。

 休日だった前日13日に作成され、この日公開されたメニュー表は大野の欄だけが白紙だった。
内容は選手の意向を聞いて担当コーチが入力する。空欄だったことに大野は「僕の口からは何も言えません」。
朝倉コーチは意思の疎通について「できていると思いますよ」。15日以降は「どうなるか分かりません」
としていたが、夜に発表された15日のメニュー表には練習内容が記されていた。

 関係者の話を総合すると、10日に1つの練習メニューを大野は通例に従い免除だと認識し、
消化しなかった。だが朝倉コーチはそう受け止めず、直接とがめた。翌11日には罰則メニューを
設けたことが、しこりになった。実は大野のメニューは11日も空欄。12日は内容が記載されたが、
休日を経てもしこりが残ったまま、この日を迎えたようだ。

 朝倉コーチは大野が入団以来目をかけ、選手時代から時に厳しくあたることもあった。「兄貴分」の
ような存在。役職は昨年に続いて2軍だが、今キャンプは補助として1軍にいる。個人的にも脱皮を願う
大野への思いが、話をこじらせた可能性がある。

 大野は開幕投手の最有力候補。立候補もしている。体は好調で、この日も101球を投げるなど
キレのある動きを見せた。森監督は「(欄が)白くなっているからバレるんだよ。黒く塗りつぶして
おけば何書いてるか分からんのに。何かあれば相談に来るでしょ。両方とも俺のところに来ていないから、
向こうで解決するんじゃないの」と当事者間で解決するよう求めた。【柏原誠】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-01779206-nksports-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487113596

ちばあきお「キャプテン」が復活!コージィ城倉で名作野球漫画の続編スタート

1 名前:ベラドンナ ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 00:35:48.34 ID:CAP_USER9.net

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000001-flix-movi

1984年に41歳の若さで亡くなった漫画家の故ちばあきお氏による名作野球漫画「キャプテン」が、「おれはキャプテン」「グラゼニ」(原作・森高夕次名義)などで知られるコージィ城倉の手によって復活することが明らかになった。
4月5日発売のグランドジャンプ9月号(集英社)より、続編の連載がスタートする。

「キャプテン」は1972年から「月刊少年ジャンプ」(※旧・別冊少年ジャンプ)で連載された野球漫画。
墨谷二中野球部の歴代キャプテンたちを主人公に、等身大の少年たちが努力を重ねて、強豪へと成長していく姿を描き大ヒット。
一時期は「週刊少年ジャンプ」誌上で高校が舞台のスピンオフ「プレイボール」も並行して連載され、現在も一般から球界まで数多くのファンを持つ。

スポーツ漫画の新しいスタイルを確立した作者のちばあきお氏は33年前に死去。
もう本人によって描かれることのない新作が、ちばあきお作品を心から愛し、尊敬する城倉の手によって復活する。

続編で描かれるのは、「キャプテン」「プレイボーイ」の“その後”。
墨谷二中野球部の元キャプテンで主人公の谷口タカオが、高校3年生になり、墨谷二中で彼の後を継いでキャプテンを務めた丸井、イガラシらと共に甲子園を目指して猛特訓にはげむ。
連載にあたって城倉は「新機軸は打ち出しません」と断言。
「コンセプトは『何も足さない。何も引かない』。ちばあきお先生が生きていたらおそらくこんなカンジで描いたのではないだろうか……というテイストを“再現”してみたい」と語っている。

連載開始の9号には城倉のインタビューも掲載。
また本日発売の6号には、2017 ワールドベースボール クラシック(WBC)開幕&「キャプテン」復活を記念した特別とじこみ付録「侍ジャパン×キャプテンコラボピンナップ」が付属。
また、東京ドームで開催される対キューバ、オーストラリア、中国戦のチケットや、ピンバッジ&クリアファイルのセットを総計30名にプレゼントする懸賞企画も実施される。

ちばあきお伝説の野球漫画「キャプテン」が復活!
https://amd.c.yimg.jp/im_siggTHOq.kHyN2fG8JY_d.TOmg---x708-y900-q90/amd/20170215-00000001-flix-000-1-view.jpg

コージィ城倉による新連載の告知ページ
https://amd.c.yimg.jp/im_siggPVnMVq4_iWUNIhsZXOLN5Q---x611-y900-q90/amd/20170215-00000001-flix-001-1-view.jpg

6号には特製ピンナップが付属
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg1Hm5UqSuB7GGtnxkfE2Pcw---x705-y900-q90/amd/20170215-00000001-flix-002-1-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487086548

WBC米国代表、真のトップ選手は不在? 米紙「辞退した選手を非難できない」 剛腕代理人は“2A選抜”を提案

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 17:54:21.04 ID:CAP_USER9.net

豪華野手陣も昨季MVPトラウトらは出場せず、「これはアメリカの課題」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕まで1か月を切った。
日本時間9日には各国の最終メンバー28人が発表され、前回大会王者のドミニカ共和国ら中南米諸国には
メジャーリーグのスター選手が集結。世界一をかけたハイレベルな戦いに期待がかかる。

 そんな中、地元紙「ロサンゼルス・デイリー・ニューズ」電子版が
「WBCに参加しないアメリカのトップ選手を非難できますか?」とのタイトルで特集記事を掲載した。

 今大会は豪華野手陣が揃ったと見られている米国代表だが、真のトップクラスの選手はまだまだ不足していると指摘。
昨季のア・リーグMVPに輝いたマイク・トラウト外野手(エンゼルス)ら、
WBCに出場しない選手を責めることは出来ないとしている。

 記事では、米国人投手で昨季のWHIP(1イニングあたりの四球+安打)上位14人に入った選手のうち、
米国代表として出場するのはダニー・ダフィー(ロイヤルズ、WHIP1.14)のみで、
米国人野手のOPS(出塁率+長打率)上位8人ではダニエル・マーフィー(ナショナルズ、OPS.985)のみだと指摘。
昨季、MLBトップのWHIP0.97をマークしたマックス・シャーザー投手(ナショナルズ)は当初は出場予定だったが、
右手薬指の疲労骨折で辞退した。
侍ジャパンもメジャーで活躍する投手は不参加に

 もっとも、「これは世界的な課題ではなく、アメリカの課題だ」という。

 確かに、ドミニカ共和国やベネズエラはスター級の選手を招集しており、“本気度”は高い。
ドミニカ共和国は前回大会で初優勝を果たしたが、記事では米国がここまで決勝にも辿り着いていないことを振り返っている。
一方で、「過去2度の大会制覇を果たしている日本も真剣な取り組みを見せていた。
しかし、その日本ですら今回のWBCにはMLBのスター選手抜きで挑むことになる」とも指摘。
侍ジャパンも、岩隈久志、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太、上原浩治、田澤純一を招集できないなど、
メジャーリーガーの投手の選出は米国だけでなく出場各国の課題となっている。

 ただ、米国に関しては野手陣も豪華ではあるものの、ア・リーグMVPのトラウト、
ナ・リーグMVPのクリス・ブライアント内野手(カブス)がメンバーに入らないなど、決してベストメンバーとは言えない陣容。
それでも、選手を責めることは出来ないというのだ。

「誰もトラウトなどの辞退した選手を非難することはできない。彼らは162試合を戦うために給料を得ている。
スプリングトレーニングは7週間に及ぶ(収入に響かない)“無駄”な時間ではあるが、
それでも彼らは開幕戦までのプランを実行していく。
そして、彼らのほとんどはこれまでにユース世代などで、祖国への貢献を果たしてきた」

剛腕代理人は“2A選抜”を提案、「もし負けたとしても気にはとめられない」

 選手はあくまで所属チームのためにシーズンを戦うべく、開幕へ向けて照準を合わせることが重要だと指摘。
確かに、選手が収入を得られるのは球団が給料を払ってくれるからであり、記事ではその点を強調している。

 一方で、今回の記事では、剛腕代理人のスコット・ボラス氏が
2Aから若手を集めてWBC代表チームを形成するべきと提案していることも紹介。
大会のために、若手選手を集めて数か月準備をさせ、大会に臨ませれば、
「もし負けたとしても気にはとめられないだろう。
もし勝てば輝かしい瞬間となり、将来有望な若手選手を目にすることになる」としている。
この一文からは、米国内でWBCへの熱がまだ決して高くないことが伝わってくる。

 この他、25歳以下で代表を形成する手もあると提案。
その場合、トラウト、ブライアント、アレナド(ロッキーズ)、イエリッチ(マーリンズ)、
ハーパー(ナショナルズ)、シーガー(ドジャース)、ラッセル(カブス)らが該当するという。

 同紙は最後に「想像の世界だけであれば、もっとやり方はあるようだ」としているが、
WBCの本来の目的は、各国がベストメンバーでぶつかり合う真の「世界一決定戦」のはず。
米国内では、WBCが今回で最後になるとの報道も出ているが、継続のためには米国代表が本気になる必要がありそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00010006-fullcount-base&p=2


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486976061

WBC壮行試合の集客苦戦…小久保監督に「厳しい現実」 愛着があるわけでもない侍ジャパンで集客を期待するのは難しい

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 22:33:49.16 ID:CAP_USER9.net

侍ジャパンの事業会社であるNPBエンタープライズが2月28日、3月1日に開催する壮行試合(侍ジャパン対台湾プロ野球選抜=福岡ヤフオクドーム)の盛り上げ策として、異例の“動く広告塔”を発表した。

 福岡を中心にタクシー事業を展開している「第一交通タクシー」の運転手約900人に、14日から順次侍ジャパンのユニホームを着用してもらうというのだ。

 苦肉の策といえる。現在、侍ジャパン壮行試合のチケットの売れ行きは思わしくないからだ。「あの手この手と盛り上げ策を打っているが、どうにもチケットの売れ行きが伸びない」と関係者はため息をついている。

 侍ジャパンの小久保裕紀監督は、ダイエー、ソフトバンクで指揮を執った王貞治監督(現ソフトバンク球団会長)の秘蔵っ子、王ファミリーの長男的存在として広く知られている。地元ファンから熱い声援を受けて壮行試合に勝利、世界一奪回を目指す本番のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨みたいところだろう。

 だが、現実は厳しい。球界OBがこう明言する。「福岡はソフトバンクの熱狂的なファンで占められているが、壮行試合はチケットの値段も高いし、普段から愛着があるわけでもない侍ジャパンで集客を期待するのは難しい。国際試合にファンを集めたいなら、東京ドームで開催するしかないだろう」

 いくらホークスOBの小久保監督が指揮を執るといっても過大な期待をかける方が酷というわけ。そうでなくても侍ジャパンは、戦力面でも人気面でも原動力とみられていた“二刀流”大谷翔平が故障で出場を辞退し、“逆風”にさらされている。果たして“侍タクシー”がどれほど盛り上げにつながるか。 (江尻良文)

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20170213/bbl1702131530010-n1.htm


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486992829

ノムさんが考える斎藤佑樹の復活の条件とは… 上体だけで投げているから理想的なフォームに程遠い

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 13:22:25.36 ID:CAP_USER9.net

12日、「S☆1」(TBS系)にVTR出演した野村克也氏は、日本ハムの斎藤佑樹が輝きを取り戻す方法について解説した。

野村氏は「上体だけで投げているから、下(下半身)の力をリリースポイントのところに上手に伝えるという理想的なフォームに程遠い」と指摘し、
「普通良い投手は投げ終わった後に、(投げた)腕が跳ね返ってくる」とつづけた。

さらに野村氏は斎藤佑が復活するための条件に「走って走って走りまくる。何のために足腰を鍛えてるの?いい球投げるためでしょ。
足腰を使ったフォームが理想なんだから…」と下半身の強化を挙げた。

斎藤佑は高校時代から“ハンカチ王子”フィーバーが巻き起こるなど圧倒的な人気を誇った。
早稲田大学を経て10年ドラフト1位で日本ハムへ入団。
プロ入り後は1年目に6勝6敗、防御率2.69を記録するも、2年目以降は故障や不振で力を発揮できていない。

昨季は0勝に終わり、後がない斎藤佑に野村氏は「陰ながら応援しています。頑張れ斎藤佑樹」とエールを送っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00103531-baseballk-base
ベースボールキング 2/13(月) 0:30配信


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486959745

アホかお前は!阪神・糸井のはやる気持ちに川藤OB会長が一喝

1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 05:07:18.20 ID:CAP_USER9.net

阪神春季キャンプ(12日、沖縄・宜野座)フリーエージェント(FA)でオリックスから阪神に新加入した糸井嘉男外野手(35)が第3クール2日目の12日、川藤幸三OB会長(67)に一喝された。右膝関節炎の影響で別メニュー調整が続く現状に「焦ってます」と心境を打ち明けたところ「アホかお前は!」。浪速の春団治も諭した通り、目指して大爆発すべきは「3・31」からの本番だ。

 容赦なく注がれる南国の日差しと周囲の視線。唯一、逃れられる宜野座ドームの片隅で、糸井は川藤氏と向き合った。はやる気持ちは見透かされていた。思わずティー打撃の手を止め、聞き入った。OB会長が、やりとりを明かした。

 「『まあなんにもあわてんでもエエ』言うて。『いや、焦ってますよ』と言うから『アホかお前は! 何を焦ることがあるんや!!』と」

 9日にダッシュを解禁したときには「順調に来ていると思います」と話していたが、実は焦りを感じていた。川藤氏はそっと近づくと、最終的には真横に並んで約5分。熱い言葉、優しいまなざしに糸井は何度もうなずいた。8日のOB会陣中見舞いでは「糸井!」と名指しで呼び、体調を気遣っていた同氏。「アホ」とたしなめたのは、ブレーキをかけてやりたかったからだ。

 「(糸井を)気にはしてるよ。いっつも昼飯でも(食事会場で2人で)ウダウダ話してた。シーズン中に故障しとるんやないんやから。誰も故障したくてしとるんやないんやから。やった限りは今度は治ったときのことを、それ以降のことを考えたらいい」

 前日の肌寒さがウソだったかのように晴れ、沖縄の熱気は日に日に高まる。ナインが順調に調整を進める姿も目に入る。だが、暴れるべきはキャンプではなく3月31日、シーズン開幕の広島戦(マツダ)から。糸井もこの日、屋外でのキャッチボールを解禁した。サブグラウンドでのびのびと約10分間、53球を投げて70メートル強まで距離を伸ばした。川藤氏と語り合ったティー打撃94スイングの後は、2日連続のマシン打撃で77スイング。鋭い当たりを連発した。

 帰り際に入念に右膝をアイシングして引き揚げたが、トレーニングの合間には若手がフリー打撃を行うメイングラウンドを見やり「守備(に就きに)行こかな。打球だけ見てみよかな」とこぼすほど、気持ちは盛り上がっている。キャンプイン前には自身、全体メニューへの合流時期を「2月中盤」とイメージしていたが、まだ合流はかなわない。しかし、川藤氏にしてみれば、焦らんでエエやないか…。同氏はさらに続けた。

 「なんぼ主力と目されたって、みんな(心のどこかは)弱いんや。逆に精神面を鍛えたらいい。ましてこんな(大勢の)マスコミと、これから嫌っちゅうほど付き合わないかんからな!」

 体と声を張って浪速の春団治が超人を諭した。糸井はグッとこらえた。本当の春に、大爆発させるだけだ。

サンケイスポーツ 2/13(月) 5:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000502-sanspo-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486930038

<ソフトバンク・松坂大輔>今さら「痩せて復活」…は本当か?「3年契約の最終年になってようやく減量ですからねえ…(苦笑)」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 08:57:37.96 ID:CAP_USER9.net

日本全国から「一番野球がうまいヤツら」が集うプロ野球の世界。

そこで怪物と呼ばれる選手たちは、まるでF1マシンのような超高出力の肉体を操るが、その爆発力ゆえ故障のリスクとも常に隣り合わせだ。

今年の春季キャンプでは、4人の怪物たちが“メンテナンス”の真っただ中。『週刊プレイボーイ』9号(2月13日発売)で、その裏側を追った!

* * *

ソフトバンクのキャンプ6日目。“元祖・平成の怪物”松坂大輔は、計239球もの投げ込みを敢行した。

レッドソックス時代の2011年に右肘を手術し、日本復帰後の15年に今度は右肩を手術。昨季終盤の楽天戦で一軍登板を果たすも、1回5失点と大炎上し、ネットでもボコボコに叩かれた。

ところがこのキャンプでは、まるで別人のような張り切りぶりを披露しているのだ。

「初日にいきなり59球を投げ、ボールの質の良さに驚かされました。制球はまだ今ひとつでしたが、伸びがあってキレもいい。昨年までとは雲泥の差です。

3日目には早くも打撃投手を買って出て、最初の3日間で計161球。そして6日目には239球。表情は落ち着いていますが、何かに取り憑(つ)かれたように投げ込んでいる。よっぽどコンディションがいいんですね」(スポーツ紙ソフトバンク担当記者)

思い起こせば、キャンプでの投げ込みは西武時代の松坂の代名詞だった。今年、それが久々にできているのは、昨オフにプエルトリコのウインターリーグに参加し、休みなしで動き続けたことが功を奏しているようだ。

ただ、実はそれ以上にわかりやすい「目に見える変化」がある。

「自主トレ終盤の1月下旬、報道陣の前に姿を現した時、誰からともなく『あれ、痩せた?』という声が上がりました。実際、キャンプになってみても、ユニフォームはだぶだぶ。どうやら10kg近く落としてきたようです」(ソフトバンク担当記者)



今キャンプで松坂の投球練習を見たパ・リーグ某球団スカウトはこう語る。

「体を絞ったおかげで、投手として本来の体の使い方ができるようになった。体重移動がスムーズになり、リリースの際に『ピッ』と音が聞こえてきそうなほど球離れもよくなっています。キャンプ5日目には指にマメができて投球練習を回避しましたが、あれはちゃんと指にかかったいいボールを投げているからこそ。好調の証(あかし)ですよ」

しかし、だ。もう36歳になるベテランの復活理由が、シロウトのファンですら以前から指摘していた「減量」だったとしたら、なんだかちょっと寂しいような…。

「確かに、じゃあ今まで何やってたんだってツッコみたくもなりますよね(苦笑)。まあ、本人も以前『水を飲んでも太る体質』と認めていたくらいですから、30代になって代謝が衰え、思うように減量できなかったこともあるでしょう。とはいえ、3年契約の最終年になってようやく減量ですからねえ…(苦笑)」

松坂は昨年から担当記者たちと距離を置いており、減量の理由や方法はまだ誰も聞き出せていないというが…。とにかく、故障も体重も「リバウンド」だけは禁物!

★松坂以外の“怪物”、日本ハム・大谷、阪神・糸井、巨人・山口俊…復活に一番近いのは? 『週刊プレイボーイ』9号(2月13日発売)「プロ野球キャンプ裏ネタワイド 故障中の怪物たち」にてお読みいただけます。

週プレNEWS 2/13(月) 6:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00080076-playboyz-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486943857

阪神 横田が原因不明の頭痛で離脱、金本監督「心配」

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 06:35:17.50 ID:CAP_USER9.net

阪神は11日、沖縄・宜野座キャンプに参加していた横田慎太郎外野手(21)が体調不良のため、帰阪したと発表した。
ここ数日、原因不明の頭痛が続いており、週明けにも精密検査を受ける。
今後のチーム合流は未定で、金本知憲監督(48)は「心配している。早く良くなって欲しい」と話した。

高卒4年目の横田は昨季、「2番・中堅」で開幕スタメンで出場するなど38試合に出場し、打率1割9分、0本塁打、4打点。
今年も1軍キャンプメンバーに選ばれたが、8日の紅白戦は3打数無安打の2三振に終わった。父はロッテなどで活躍した横田真之氏

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000085-sph-base
スポーツ報知 2/12(日) 5:02配信


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486848917

<長嶋一茂>2世タレントに喝!も「僕も相当勘違いしていました」「野球道具も買ったことはなかったし…」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 10:44:48.13 ID:CAP_USER9.net

タレント・長嶋一茂(51)が12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、有名人の2世の教育について語った。

英国生まれの作家C・Wニコルさん(76)の娘のニコル・亜莉紗容疑者(31)が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された件で、
コメントを求められた一茂は「2世の人は(教育などが)欠けていると思われても仕方ない。僕も含めてですけど…。
親が華やかな場所にいると子供は勘違いする。僕は相当勘違いしました。親が幼少期に教育をちゃんと出来なかった側面はある」と話した。

それを防ぐためには「(子供に対して)厳しくするしかない。勘違いするんだから。僕はずっと甘やかされていた。野球道具も買ったことはなかったし…」と続けた。

東野幸治(49)から父親・長嶋茂雄氏(80)が受賞した“ゴールデングラブ”でキャッチボールをしていたエピソードを紹介されると、
「雨の日にキャッチボールして、水たまりに落としてドロドロになったけど(父親は)怒らなかった。僕のことを正当化しているわけでなく、
僕みたいになっちゃダメだという意味で…」と自身の経験を明かして、厳しいしつけが必要だと力説した。

子供に厳しく接しているというヒロミ(51)だが「厳しく注意していたら、まさかのママだった」と
妻でタレントの松本伊代(51)がJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたことに引っかけて話した。

スポーツ報知 2/12(日) 10:40配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000106-sph-ent

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170212-00000106-sph-000-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486863888

野球人気下降… 少子化や他のスポーツの台頭もあり… 復活に動き活発化!

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 21:16:16.39 ID:CAP_USER9.net

近年の野球人気の下降傾向に待ったをかけるべく、用品メーカー各社やプロ野球球団などで動きが活発化している。

プロチームのキャンプインや開催を目前に控えた世界大会のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)と、
このところ野球の話題がにぎやかになってきた。
しかし、少子化や他のスポーツの台頭もあり、野球人気は下降傾向にあるとの見方もある。
この状況を打破するために、今年は野球に関連してさまざまな動きが見られる。

 用品メーカーにとって競技人口の減少は死活問題だ。
そこで先ごろ、野球とソフトボール用品を取り扱う21社で立ち上げたのが「野球・ソフトボール活性化委員会」。
企業の垣根を越えて「球活」を旗印に、競技の普及・振興やファン拡大に取り組もうという組織だ。
「Play Ball, Play Life.」のスローガンのもと、3月から本格始動し、
観戦チケットが当たる「野球場へ行こう! キャンペーン」や、オリジナルグッズ販売などが予定されている。

 観戦チケット料金にも新しい波が押し寄せる。パ・リーグの2球団では観戦チケット価格に新制度を導入する。
東北楽天ゴールデンイーグルスの「価格変動制」は、価格を“時価”として、
購入するタイミングで価格の変動が期待できるスタイルだ。
もうひとつは埼玉西武ライオンズの「フレックスプライス制」で、こちらは主催試合を試合日程でプレミアム、
スタンダード、バリューの3つに分けて価格を変えるもの。
したがって試合によっては、昨年よりリーズナブルな価格でプロ野球観戦を楽しめそうだ。

 四国は徳島県の阿南市は、古くから野球の盛んな地域。
現在は野球で町おこしと「野球のまち阿南推進協議会」が音頭をとり、施設の整備や各種イベントを積極的に展開中だ。
そんな阿南市の一角に今春誕生するのが「89番野球寺」。
名称は、お遍路さんでおなじみの88の霊場に次ぐ89番目、そして89は「やきゅう」と読めることから命名されたという。
事業費用の約470万円は、全額寄付金でまかなわれる運びだ。
同市在住のアーティストらが手がけたバッター型の必勝祈願の石碑などが中心となる同施設、
新たな野球ファンの“聖地”となるか。完成は3月中旬予定。

 他にも、ケイ・オプティコム(本社:大阪府大阪市)では、セ・リーグの阪神タイガースファンを対象に、
国内初となるチームの成績と連動し、電気料金割引や記念品が当たる電力小売りサービス
「eo電気 阪神タイガース2017応援プラン」の提供を開始した。

 プロの動向や甲子園の選抜、WBCに、これらの動き。今春は例年に比べて、より野球を意識する季節となりそうだ。

https://news.biglobe.ne.jp/topics/sports/0212/12161.html#kimochidama_input_area


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486901776
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ