ヘッドライン

楽天・梨田監督の去就未定、今季が2年契約の最終年だった

1 名前:かばほ~るφ ★:2017/10/11(水) 11:34:41.79 ID:CAP_USER9.net

楽天梨田監督の去就未定、2年契約の最終年だった
[2017年10月11日4時57分]

楽天梨田昌孝監督(64)の去就はポストシーズンの戦いぶりにかかっている。
同監督が2年契約の最終年であることが10日、分かった。

15年オフから就任し、当初は3年契約とみられていたが、今季限りであることが判明。
来季去就は未定だ。チームはこの日、レギュラーシーズン3位で全日程を終了。
14日から始まる西武とのCSファーストステージに挑む。リーグ優勝を逃したため、
13年以来の日本一が目標だ。

本拠地Koboパーク宮城でシーズン最終戦を観戦した立花球団社長は、
報道陣から梨田監督の去就を問われ「1年間やってきたことを協議して、
シーズン終了後に話し合うことになっているのでしっかり議論したい」と説明した。

今月下旬にも三木谷オーナーと話し合い、梨田監督が出席するシーズン報告会の場で結論が出る。

nikkansports.com
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710100000757.html
楽天対ロッテ レギュラーシーズン最終戦を終えファンの声援に応える楽天梨田監督
https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/201710100000757-w500_0.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507689281

阪神・四藤社長、日本ハム・中田翔の獲得調査継続

1 名前:あちゃこ ★:2017/10/11(水) 13:26:54.28 ID:CAP_USER9.net

国内FA権を取得してシーズンを終えた日本ハム・中田翔内野手(28)に対して、
獲得調査を継続していることが明らかになった阪神。

 四藤球団社長は10日、中日とのシーズン最終戦(甲子園)の前に報道陣に囲まれ、
「あらゆる可能性は否定しません」と話すにとどめた。

サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000511-sanspo-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507696014

秋季北海道大会は駒大苫小牧が12-10で旭川実を下して4年ぶり5度目の優勝

1 名前:THE FURYφ ★:2017/10/09(月) 17:10:50.75 ID:CAP_USER9.net

第70回秋季全道高校野球大会は9日、札幌円山球場で決勝を行い、駒大苫小牧(室蘭支部)が旭実(旭川支部)を
12―10で下し、4年ぶり5度目の頂点に輝いた。

駒大苫小牧は3点を追う四回、大西の適時打などで1点差に詰め寄ると、舞原の左越え2点本塁打で逆転した。
その後も1点を追加し、この回一挙5点。七回にも5点を奪い、突き放した。

旭実は8―12の九回、葛西の適時二塁打と熊谷の中犠飛で2点差に迫ったが、及ばなかった。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/137459


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507536650

楽天・則本 自己最多タイ15勝!自己新222Kで野茂以来24年ぶり4年連続奪三振王当確

1 名前:あちゃこ ★:2017/10/08(日) 21:53:36.03 ID:CAP_USER9.net

<楽・ソ>力投する則本
 ◇パ・リーグ 楽天2―0ソフトバンク(2017年10月8日 Koboパーク宮城)

 楽天・則本昂大投手(26)が8日、ソフトバンク戦に先発し、8三振を奪い、
16年の216奪三振を塗り替える自己新の222奪三振でリーグ単独トップに浮上。
野茂英雄(近鉄)が90年から93年に達成して以来、24年ぶりとなる史上4人目の
4年連続奪三振王のタイトルを確実にした。勝利数でも6回を無四球の5安打無失点で
自己最多タイの15勝目(7敗)を挙げ、レギュラーシーズンの最終登板を締めくくった。

 立ち上がりから全開だ。2番・今宮をスライダーで空振り三振に斬ると、3番・中村晃は
153キロの直球で見逃し三振に斬った。続く2回には松田から147キロの直球で
空振り三振を奪って217奪三振とし、リーグトップの西武・菊池に並んだ。
187奪三振で3位の楽天・岸以下に大差をつけ、4年連続となる奪三振王のタイトルを
確実にすると、その後も5三振を積み重ねて単独での4年連続奪三振王のタイトルを確実にした。

 いずれも67年から72年までの6年連続で獲得した江夏豊(阪神)、鈴木啓示(近鉄)、
4年連続の野茂に続く、プロ野球史上4人目の快挙となった。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000134-spnannex-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507467216

パ・リーグ個人タイトル確定 デスパイネが本塁打・打点2冠、秋山初首位打者 菊池最多勝・防御率2冠、サファテ54S

1 名前:丁稚ですがφ ★:2017/10/10(火) 16:28:21.36 ID:CAP_USER9.net

パ・リーグの全日程が10日に終了して個人タイトルが確定した。

<打者部門>

首位打者 秋山翔吾(西武=初)3割2分2厘
最多安打 秋山翔吾(西武=2年ぶり2度目)185安打
最多本塁打 デスパイネ(ソフトバンク=初)35本塁打
最多打点 デスパイネ(ソフトバンク=初)103打点
最高出塁率 柳田悠岐(ソフトバンク=3年連続3度目)4割2分6厘
最多盗塁 西川遥輝(日本ハム=3年ぶり2度目)39盗塁

<投手部門>

最優秀防御率 菊池雄星(西武=初)1・97
最高勝率 千賀滉大(ソフトバンク=初)7割6分5厘
最多勝 菊池雄星(西武=初)東浜巨(ソフトバンク=初)16勝
最多セーブ サファテ(ソフトバンク=3年連続3度目)54セーブ
最優秀中継ぎ 岩崎翔(ソフトバンク=初)46HP
最多奪三振 則本昂大(楽天=4年連続4度目)222個

nikkansports.com
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710090000795.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507620501

巨人・村田、2度目FA権は「いろいろ考える」

1 名前:あちゃこ ★:2017/10/10(火) 11:30:09.89 ID:CAP_USER9.net

巨人は9日、川崎市のジャイアンツ球場で秋季練習を開始した。阿部、村田、脇谷、亀井は
10日からの秋季練習は自由参加となる。

 2度目のフリーエージェント(FA)権を保有する村田は軽めの練習で
「体のケアをして、そこからいろいろ考えます」。通算2000安打まで135本としており
「(残りの)数字も減ってきている。それを踏まえて球団と(今後について)話したい」と
来季を見据えた。(ジャイアンツ球場)

サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000511-sanspo-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507602609

阪神鳥谷が今季最終戦で通算1000四球、2000安打に次ぐ偉業を達成

1 名前:あちゃこ ★:2017/10/10(火) 19:57:16.68 ID:CAP_USER9.net

阪神の鳥谷敬内野手が10日、本拠地での中日戦で通算1000四球を記録した。

 4-0で迎えた5回裏2死三塁の場面。この日3度目の打席に立った鳥谷は、中日先発の三ツ間と対戦。
フルカウントの末、四球を選んで出塁した。

 シーズン最終戦で歴代15位となる偉業を達成。今季は通算2000安打も達成しており、
記録ずくめのシーズンとなった。

フルカウント編集部●文 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00010030-fullcount-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507633036

セ・リーグ最終戦 T6-1D 福留大山1発!安藤引退試合飾り阪神78勝61敗4分CSへ 石川1号のみ中日59勝79敗5分で今季終了

1 名前:丁稚ですがφ ★:2017/10/10(火) 21:07:06.77 ID:CAP_USER9.net

中日 0 0 0  0 0 0  0 1 0  1
阪神 1 0 0  0 3 0  2 0 x  6

バッテリー
阪神:メッセンジャー、石崎、岩崎、藤川、安藤、才木- 梅野、岡崎
中日:ジョーダン、三ツ間、福谷、小川- 松井雅、加藤

本塁打
中日:石川 8回表 1号ソロ
阪神:福留 7回裏 18号ソロ、大山 7回裏 7号ソロ

試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20171010-01.html
https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2017101002/score


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507637226

元横浜ドラ1・古木克明氏 「清宮は悪い意味で私に似てる」

1 名前:pathos ★:2017/10/10(火) 14:13:36.03 ID:CAP_USER9.net

早稲田実業・清宮幸太郎(18)のプロ入りに多くのプロ野球OBたちが助言している。しかし最も心に響くのは、恐らく彼らの言葉だろう。思うような成績を残せなかった、元ドラ1の“先輩スラッガー”たちだ──。

「私の野球人生における“しくじり”は、ホームランにこだわり過ぎたことかもしれません」

 そう口にするのは、1999年に豊田大谷高校からドラフト1位で横浜に入団した古木克明氏(36)だ。現在、神奈川県にあるスポーツジム「パルバルクラシック」などで野球教室を開いている。「松坂世代」のひとりとして甲子園で活躍すると、“レフトにもホームランが打てる左の長距離砲”として期待された。

「入団4年目の2003年にはレギュラーになり、22本のホームランを打ちました。『やっていける』という手応えを掴んだつもりでしたが、プロの世界は甘くなかった。ホームランを打つことにこだわりすぎて、スランプに陥ったんです。スコアラーなど周囲の人は相手投手の攻略法など色んなアドバイスをしてくれましたが、素直に聞き入れられなかった」(古木氏)

 2004年以降の成績はふるわず、右肘の故障にも悩まされ、2008年にオリックスにトレードに出される。だが新天地でも出場機会は得られず、2009年に引退した。古木氏はこんなアドバイスを送る。

「今の清宮君のバッティングは、悪い意味で私に似ている。ホームランを打つために身体の回転を意識しすぎていて肩の開きが早い。このままではプロのスライダーは打てません。プロに入ってからも、周囲の助言を受け止められる心の余裕は持ち続けてほしい。素質は桁違いなので、凄い打者になってくれると思います」

https://www.news-postseven.com/archives/20171010_617813.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507612416

巨人来季1軍コーチ陣発表 吉村禎章氏が復帰、打撃総合コーチ就任 村田真一ヘッドコーチはバッテリーコーチも兼任

1 名前:かばほ~るφ ★:2017/10/10(火) 16:45:25.20 ID:CAP_USER9.net

巨人来季1軍コーチ陣発表 吉村禎章氏が復帰/一覧
[2017年10月10日16時35分]

巨人は10日、来季の1軍首脳陣の陣容を発表した。
OBの吉村禎章氏(54)が11年以来となる復帰で、打撃総合コーチに就任。
小関竜也・現2軍打撃コーチ(41)が1軍打撃コーチに、
豊田清・現2軍投手コーチ(46)が1軍投手コーチに配置転換される。
村田真一ヘッドコーチ(53)はバッテリーコーチも兼任する。
江藤智打撃コーチ(47)はファームのコーチに転任。2、3軍の首脳陣は決まり次第、発表予定。
新体制での指導は11月1日の秋季キャンプ初日から開始される。

監督 高橋由伸(42)

ヘッドコーチ兼バッテリーコーチ 村田真一(53)

打撃総合コーチ 吉村禎章(54)

打撃コーチ 二岡智宏(41)

打撃コーチ 小関竜也(41)

投手総合コーチ 斎藤雅樹(52)

投手コーチ 豊田清(46)

投手コーチ兼トレーニングコーチ 木村龍治(47)

内野守備走塁コーチ 井端弘和(42)

外野守備走塁コーチ 大西崇之(46)

トレーニングコーチ 伊藤博(51)

nikkansports.com
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710100000448.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507621525
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ