ヘッドライン

【野球】セ・リーグ G8-2C

1 名前:丁稚ですがφ ★:2019/04/16(火) 20:52:28.44 ID:3t2+xamB9.net
広島 0 0 0  2 0 0  0 0 0  2
巨人 1 3 0  0 0 2  2 0 x  8

バッテリー
巨人:山口、中川、クック- 小林
広島:ジョンソン、アドゥワ、菊池保、矢崎、中村恭- 會澤、磯村

本塁打
広島:鈴木 4回表 7号ソロ
巨人:岡本 7回裏 6号ソロ、陽 7回裏 1号ソロ

試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019041601.html
https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019041601/score

明日の予告先発
   巨人 - 広島
髙橋優貴    野村祐輔
http://npb.jp/announcement/starter/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555415548

【野球】丸をズバリ直撃 「メジャーを考えた?」

1 名前:ひかり ★:2019/04/19(金) 16:39:52.35 ID:Aq0H6NdE9.net
 最強2番打者が好調だ。巨人は19日から阪神3連戦(甲子園)に臨む。リーグ屈指の破壊力を誇るG打線をけん引する一人が、広島からFA移籍した丸佳浩外野手(30)だ。
18日時点で打率3割2分8厘、5本塁打、15打点の好成績。期待通りの活躍には原監督も満足げだが、同時にある疑問も…。なぜ、メジャーを目指さなかったのか? 
丸本人を直撃した。

 平成最後となる伝統の一戦を前に、巨人はこの日、熊本から関西入りした。前夜は新守護神クックが崩れて逆転負けしたが、開幕から9勝7敗とまずまず。
その原動力となっているのは打線だろう。16試合で25本塁打を放ち、チーム打率2割7分6厘と高い数字を叩き出している。なかでも今季の新たな“顔”となったのが、
FA加入した丸だ。新天地でも2年連続MVPの実力を発揮し、大きな核となっている。

 開幕当初は坂本勇と主砲・岡本の間に入る形で3番を務めた。1番だった吉川尚の離脱によって16日から2番に変わったが「(やることに)変わりはないです」と
話した通り、前夜には移籍後初めて古巣・広島に強烈な一発をお見舞いした。勝ち越し弾は結果的に空砲に終わったが、相手にとって恐怖の2番打者となっている。

 そんな丸の活躍ぶりにはFA宣言後に直接熱意をぶつけた原監督も目を細めるばかりだが、一方で疑問もあった。「彼はメジャーに行こうと思わなかったのかな?」。

 確かに走攻守すべてで日本トップクラスの実力を備え、もう少し広島でプレーしていれば海外FA権も取得できた。日本を飛び出し、世界の大舞台を目指しても
不思議ではなかった。その点について丸はどう考えていたのか…。「メジャー志向? 一切ないです」と言い切るとこう続けた。

「単純にメジャーリーグも見るのは好きですよ。球が速いな、すごい打球を飛ばすな、すごいプレーをするなあとか。そういう興味はありますけど、いざメジャーで
プレーをするかというと、そういう興味はないですね」

 過去には広島から大先輩の黒田博樹氏や前田健太(ドジャース)が海を渡り、成績も残している。それでも丸は「もともと1個ずつ、自分の中での課題を潰して潰して
何とか今までやってきたので。向こうに行ったら知らない投手ばかり。(日本の)12球団でもなかなかいっぱいな状況で、それが倍以上に増え、なおかつそこで
結果を残さないといけない。いろんな経験をした上で今の自分があるので。自分の中で、ある程度、自分の“キャパ”は理解しているつもりです」と本音を打ち明けた。

 MVPを連続受賞した今もひたむきに練習に明け暮れる。背伸びすることなく、冷静に自己分析できる力こそが第一線で活躍し続けられる秘訣なのかもしれない。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000039-tospoweb-base
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190419-00000039-tospoweb-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555659592

【五輪】東京五輪の野球決勝とサッカー男子決勝、8月8日のほぼ同時間帯に開催

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/04/17(水) 08:04:51.47 ID:EmyzPstx9.net
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日に都内で会見を行い、五輪33競技339種目のうち、ボクシング13種目を除く全競技の日程を発表した。
最大の特徴は、週末となる8月1、2、8日の3日間に日本のメダルが期待される種目や世界的注目競技の決勝が集中したこと。組織委では大会の盛り上げを図って
土曜日の8月1、8日を「スーパーサタデー」、日曜日の同2日を「ゴールデンサンデー」とネーミング。立て続けの金ラッシュに世界が沸く黄金の3日間となる。

8日はサッカー、バスケットボール、野球、バレーボールなど男子の団体種目の決勝が集中する。日本代表では野球が、1984年ロサンゼルス五輪(公開競技)以来の金メダル獲得となるか、注目が集まる。
サッカーは決勝に進めば、史上初の快挙。野球は午後7時開始予定、サッカーは同8時30分開始予定となっている。

その他、バスケットボールはNBAのスター集団・米国が08年北京五輪から4連覇に期待が高まる。
その他、スペイン、フランス、セルビアなど強豪国が優勝に挑む。バレーボールは前回王者で世界ランク1位のブラジル、同2位の米国が決勝に残る可能性が高い。

東京五輪のテレビ中継に関しては、まだ決まっていない。各局の種目別の振り分けは今後決定する。
民放関係者は「多くの種目で金メダルが決定する8日は、各局にとって大きな関心事。当然、放送したい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000252-sph-base
4/17(水) 6:06配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555455891

【野球】広島が堂林、DeNAは浜口を抹消 阪神は陽川が昇格【19日の公示】

1 名前:ひかり ★:2019/04/19(金) 17:00:36.77 ID:Aq0H6NdE9.net
 広島は19日、堂林翔太内野手の登録を抹消。今季はここまで11試合に出場し、打率・091。ファームで再調整となり、
代わりに高橋大樹外野手が昇格した。

 巨人は増田大輝内野手、ヤクルトは川端慎吾内野手ら3選手、阪神は陽川尚将内野手が登録された。

 DeNA・浜口遥大投手が17日の中日戦で打球が右ふくらはぎ付近を直撃した影響で、登録から外れた。

 19日のセ・パ両リーグ公示は次の通り。

 ▽セ・リーグ

 【出場選手登録】

 広島 高橋大樹外野手

 ヤクルト 中尾輝投手 田川賢吾投手 川端慎吾内野手

 巨人 増田大輝内野手

 阪神 陽川尚将内野手

 【同抹消】

 広島 堂林翔太内野手

 ヤクルト 大下佑馬投手 中澤雅人投手 風張蓮投手 広岡大志内野手

 DeNA 浜口遥大投手

 阪神 山崎憲晴内野手

 ▽パ・リーグ

 【出場選手登録】

 なし

【同抹消】

 日本ハム ハンコック投手

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000082-dal-base


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555660836

【野球】江本氏、ヤクルト主力の途中交代に…

1 名前:ひかり ★:2019/04/19(金) 11:39:41.51 ID:Aq0H6NdE9.net
 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、ヤクルトの主力選手が5回表の守備で
交代したことについて言及した。

 2-10と一方的な試合展開になったなか、ヤクルトは5回表にセカンド・山田哲人、レフト・バレンティン、センター・青木宣親の主力選手が交代。

 これに江本氏は「これだけの試合で代えちゃいけませんよ。体を気を遣ってとかやってはダメ。これだけのお客さんはスターを見に来ているわけですから。
途中に代わったんだったら入場料を返さないと。オープン戦ならまだしも、開幕してこれくらいで選手がバテているんだったら、バテてるみたいな選手を
使うなと。確かにゲームは2-10ですけど、それだってまだ分からない。こんなことをしてはいけませんよ」と苦言を呈した。

 江本氏は「(主力は)出る義務があるがありますよ。8、9回ならわかりますけど、4回、5回でしょ。これは厳しく言っときますよ」と厳しい言葉を
並べていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00186024-baseballk-base


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555641581

【野球】日本ハム金子弌大、12球団斬り独占手記…栗山監督「チヒロと一緒にやりたい」に感謝

1 名前:ひかり ★:2019/04/19(金) 15:14:46.57 ID:Aq0H6NdE9.net
◆オリックス3―7日本ハム(18日・ほっともっと神戸)

 日本ハムの金子が移籍初勝利を挙げた。昨年まで14年間在籍したオリックスに5回を1安打無失点と好投し、今季初白星で12球団勝利も達成。
スポーツ報知に独占手記を寄せ、栗山監督への感謝や古巣への思いなどをつづった。

 うれしい気持ちと、複雑な気持ちと…。僕に勝ちをつけてくれたチームメートや、栗山監督には感謝の気持ちでいっぱいだ。日本ハムの一員になれて
良かったと、心から思っている。

 昨年オフにオリックスを自由契約になった。後悔しないように頑張ってきたつもりだが、年齢も35歳。現役生活も長くないだろう僕に
「優勝するために必要だ」と声をかけてくれたのが日本ハムだった。移籍というものに不安があったのも事実。ある時、栗山監督から電話を頂いた。

 「チヒロがどこでプレーしたいとかは、とりあえずいい。俺はチヒロと一緒にやりたい。一緒にやろう」。今思い返しても、心に響いてくる言葉だ。
あまりに突然のことだったし、ほとんど話したこともなかった。「チヒロ」と名前で呼ばれたことにまず、驚いた。

 後日、家族も一緒に食事をさせていただいた。僕の気持ちは固まっていたのかもしれない。「先発にこだわりはないので、どこでも使ってください」と
本心を伝えた。監督は驚いたような表情をしていた。顔を合わせてまた「チヒロと一緒にやりたいんだ」と言ってもらった。胸にスーッと入ってくる
感覚があった。その日の別れ際も、すごく近い距離で「来てくれてありがとうな」って…。イメージしていた以上に、熱い監督なんだと実感した。

 日本ハムの投手では僕が最年長。キャンプ中はいつも、近くに2歳下の宮西がいてくれた。「飯、食べましたか?」とか、何気ない気遣いが
うれしかった。初日のキャッチボールで「やりましょう」と誘ってくれた斎藤は本当に研究熱心。入団して感じたのが、選手ファーストという空気だ。
西川くんの独特なスイングは尊重されているし、中田くん、近藤くんが軸としてしっかりしている。中島くんのようなタイプは、普通の環境では
つくれない。清宮くん、投手では有原、上沢、吉田輝星くん。この年になると「若さって武器だな」と思うし、バリエーション豊かな選手が
味方にいるのは心強い限りだ。

 先発とリリーフ。どっちをやりたいかと聞かれればリリーフと答える。もともと、先発を希望したことは一度もない。理想は1995年の
平井さん。15勝27セーブなんて、今では考えられない。敗戦処理という言葉は好きではないけど、勢いがついた相手を抑えて
流れを引き戻す仕事も絶対に必要。オープナーもそうだし、チームに求められるならどんな仕事でもやる覚悟だ。自分を評価してほしいとは
思わないけど、そういう投手の評価を自分がつくっていければ、という思いもある。

 対戦相手になったオリックスにも感謝の思いしかない。右肘に不安があった僕を自由枠で獲ってくれたこと、1軍で使ってくれたこと、
ここまで育ててくれたこと。14年のオフに残留を決めた理由は、このチームを敵にして投げる姿が想像できなかったから。
今回の移籍についても「何でこうしてくれなかったの?」とか、そんな気持ちは全くない。オリックスでなければ、今の自分はないと
本当に思っている。

 一番の心残りは、一度も優勝できなかったこと。だから最近は、自分の成績よりも優勝への思いが強い。日本ハムは3年前に優勝しているけど、
僕にとっては人生初優勝。お酒は飲めないから、ビールかけは炭酸水がいいかな…。今年でプロ15年目だが、気持ちはルーキーと同じ。
最大の目標を達成するために、1軍で投げ続けることだけを考えている。(日本ハム投手)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000004-sph-base


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555654486

【野球】なぜ岩手から剛腕続々誕生?地元の名将に聞いてみた…ちなみに総理輩出も全国3位

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/04/19(金) 13:46:02.15 ID:aEgrTiXR9.net
マリナーズ・菊池雄星、エンゼルス・大谷翔平に続き、大船渡・佐々木朗希まで―。読者の「なぜ?」に答える企画「謎解き球&A」では、剛腕投手を輩出し続ける「岩手の謎」に迫る。
盛岡大付の監督として7度の甲子園出場に導き、現在は同校教頭を務める澤田真一氏(53)にその理由を尋ねるとともに、プロ野球界の岩手出身者にも総力取材。「岩手の謎」を解き明かす。

岩手を語る際に無視できないのは、広大な面積であると澤田氏は言う。

「47都道府県で北海道に次ぐ2位の大きさです。本州でトップで、四国4県分の面積がありますから。おのずと背の高い人とか、多種多様な人間がいるわけです。
沿岸部と内陸部では文化も異なり、方言もいろいろですからね」

偉人が続々と出る土地柄でもある。総理大臣は1位の山口県、2位の東京都に続き、3位の4人を輩出している点も興味深い。

「斎藤実、原敬、米内光政、鈴木善幸の4人ですね。いずれも帝大卒などではなく、必死に実績を積み上げて上り詰めたという共通項があります。
岩手は明治維新の際に、新政府軍に反発した賊軍と呼ばれ、苦難の道を歩みました。だからこそ勤勉に真面目に頑張るしかないという風土が確かにあります。
それは今の若者の中にも生きているのかなと思いますね」

佐々木が住む大船渡は沿岸部に位置するだけに、食生活の面でも大きいという。

「サンマ、イワシの漁場ですし、大船渡はワカメが自慢です。魚介類が低廉な値段で手に入りますし、海のミネラルをたくさん吸収できる。丈夫な子供たちが多いというのはありますね」

高校野球の現場に流れる空気も、大器がのびのびと育つ要因かもしれない。

「大谷君というスターがいたときも、花巻東は彼だけを光らせるのではなく、佐々木洋監督は『みんなで勝つんだ』というチームづくりをしていた。
雄星君の時もそうです。チームで勝つんだという育て方をする指導者が多いと思います」

盛岡大付は「打倒・雄星」を目指して打撃力に磨きをかけ続けた結果、12年夏の岩手県大会決勝で大谷を攻略。甲子園出場を阻止した。
昨秋の岩手県大会準決勝では佐々木に10安打を浴びせ7得点を挙げて勝利。打撃マシンを最速172キロに設定して鍛錬する打線は今春のセンバツでも輝きを見せた。

「すごい投手の存在で各校の打者も頑張り、切磋琢磨(せっさたくま)して岩手のレベルアップにつながっています。
ウチの選手も佐々木君を打たなければ甲子園はないと思って今、練習に励んでいますので、夏の大会に期待したいですね」

◆澤田 真一(さわだ・しんいち)1965年5月1日、岩手県釜石市生まれ。53歳。釜石北、東北福祉大では外野手。
卒業後に三沢(青森)でコーチ、89年から2年間、青森山田(青森)で野球部長を務め、91年4月、盛岡大付に赴任して野球部監督。
95年夏にチームを初の甲子園に導いた。2008年夏の出場を最後に勇退し、総監督に。17年のセンバツを最後に総監督も辞し、現在は教頭を務める。著書に「甲子園の負け方、教えます。」(報知新聞社)。


https://www.youtube.com/watch?v=ETxmCCsMoD0
2019年4月19日 6時2分 スポーツ報知


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555649162

【野球】今年の中日は面白い、が…本拠地に目立つ空席 8年ぶり優勝に必要な大観衆の力

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/04/19(金) 13:02:04.05 ID:aEgrTiXR9.net
6年連続Bクラスからの脱却を図る中日、ベンチの雰囲気もガラリと変化

中日が好調だ。2019年のペナントレースが開幕し、約3週間が経過した。
リーグ3連覇中の広島が開幕6カード連続勝ち越しなしで最下位に沈む一方で、低かった下馬評を覆す戦いぶりを見せているのが、与田剛新監督の下で6年連続Bクラスからの脱脚を図る中日だ。

17日のDeNA戦を戦い終えた段階で16試合で9勝7敗の貯金2。
先日、1046日ぶりに貯金を生み出すと、一度5割に戻ったものの、連勝で貯金を積み増した。
巨人と並ぶ2位タイにつけ、2位まで順位を上げるのも3年ぶりのことだ。

投打の歯車がガッチリと噛み合っている。
16試合を戦い終えた段階でチーム打率.280は12球団トップ。チーム防御率3.21、13盗塁はリーグトップ。
捕手に加藤匠馬が入るとスタメン野手全員が打率3割を超えるという驚異的な打線になり、課題とされていた投手陣もここまでは上々の安定感を誇っている。

与田剛監督や伊東勤ヘッドコーチら首脳陣が新たな顔ぶれとなり、ベンチの雰囲気もガラッと変わった。
指揮官自らが声を張り上げ、得点が入ったり、ピンチを凌いだりすれば、ガッツポーズで感情を露わにする。
先頭に立つ指揮官に引っ張られるようにベンチも明るい。
チームが好調なこともあるだろうが、この雰囲気がチームの好調さを生み出している。

好成績を残しているチーム状況について、与田監督は「手応えはないです。優勝しないと感じないでしょう。数字はいい方がいいけど、手応えとは感じていない」という。
ただ、「ステップは踏んでいると思います。(選手の)変化は凄い感じています。秋からの変化は凄く感じる。全て話していたら時間がなくなっちゃうくらい。(変化を感じる部分は)多いです」とも語る。

17日のDeNA戦で好投し2勝目をマークしたチーム最年長の山井は「チームの雰囲気はいい。みんなが向いている方向が一緒。
負けている時も諦めないし、勝っているときは1点でも多く取ろうとなっている」という。中日は明らかに変化の兆しを見せ始めているのだ。

今年の中日は低迷していたここ数年とは違う?

だからこそ、本拠地ナゴヤドームの閑散ぶりが寂しい。
16日は2万2721人、17日は2万2596人。平日のナイターゲーム、しかも17日の名古屋は雨だったこともあり、客足が遠のくのは仕方のない部分もある。
ただ、好調なチーム状況となかなかに盛り上がる試合展開でありながら、空席の目立つ本拠地のスタンドはあまりに対照的だった。

本拠地開幕戦となった2日の広島戦こそ3万2475人と3万人を超えたが、3万6627人の満員には及ばず。
翌3日は2万8193人、4日は2万7380人と大幅に減った。今やドル箱カードとも言える広島戦でも客足は乏しく、9日、10日の巨人戦も2万7000人前後。
どのカードも平日開催だったとはいえ、6年連続Bクラスと低迷し“負”のイメージがどうしても付き纏うのだろう。

スタジアムエンターテインメントという部分で言えば、物足りないと言わざるを得ない。
いまや各球団が様々な趣向を凝らして生み出しているようなバラエティーに富んだ客席やスタジアム施設は少なく、
演出やイベントなどなど様々なファンに野球以外で“特別感”や“高揚感”を与えるものが少ない。
野球を観るために訪れる“コアな“ファンはスタジアムに来ても、なかなか“ライトな”ファンが足を運ぼうとはならないかもしれない。

ただ、今年の中日はここ数年とは違う。面白い。
まだ16試合とはいえ、それこそ、粘り強さを見せて、終盤に怒涛の追い上げを見せたり、最後まで試合の行方が分からないような試合が多くある。
選手にとって、多くのファンの声援が、間違いなく力になる。勝負どころで、選手を後押しするのはファンの力だ。

この先、ペナントレースの長く険しい戦いに挑み、Aクラス入り、さらには8年ぶりの優勝を掴むためには、本拠地を埋める大観衆がきっと必要だ。
長らくの低迷期により、ナゴヤドームから足が遠のいているファンもいるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00349905-fullcount-base&p=2
4/19(金) 10:34配信
そんな中日ファンには、一度、ナゴヤドームに戻ってみてはいかがだろう。2019年の新生ドラゴンズは、きっとこれまでと違う空気を感じさせてくれるはずだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555646524

【野球】巨人の国際部長にミヤネ屋春川正明氏が就任「日米の野球の架け橋目指す」読売TVは退社

1 名前:ひかり ★:2019/04/19(金) 12:16:47.20 ID:Aq0H6NdE9.net
 巨人は19日、5月1日付で、編成本部次長兼国際部長に読売テレビ放送報道部解説委員長の春川正明氏(57)が新任すると発表した。

 外国人選手のスカウト活動とMLBとの連携を強化するため、球団は編成本部国際部の体制を拡充する。編成本部次長を兼務する新任の国際部長は、
海外スカウト活動の総責任者として、アメリカ・ニューヨーク事務所を中心に、北中米やアジア地域の有望な外国人選手に関する情報収集や、チーム事情に
即した的確な選手の獲得、さらにはパートナー契約を締結しているNYヤンキースをはじめ、MLBとの関係をより一層充実させる業務を担当する。

 現在の津崎勝利国際部長は引き続き、国際部参与として一軍~三軍に在籍する外国人選手の育成・支援を重点的に担当し、獲得した外国人選手の
技量・成績の向上に努める。

 春川氏が所属する読売テレビも発表。今月30日で退社し、現在出演中の情報ワイド番組「情報ライブ ミヤネ屋」は26日の放送が最後の出演となる。

 関大から1985年入社、報道局付ロサンゼルス支局長、報道局チーフプロデューサーなどを経て15年7月に報道局解説委員長に就任。

 同局を通じて「ミヤネ屋での12年間を含め読売テレビでの34年間は視聴者の皆さま、支えて下さった周りの皆さまのおかげで幸せな時間でした。
ありがとうございました。今後は大好きな野球に恩返しできるよう、野球界発展のため、日米の野球の架け橋を目指して前向きに進んで参りますので、
変わらぬご支援をよろしくお願いします」とコメントした。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000055-dal-base
https://i.daily.jp/baseball/2019/04/19/Images/12256014.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555643807

【野球】阪神矢野監督、4点リードでも鬼采配 怠慢プレーの木浪を懲罰交代「やることをやらない選手は使いたくない」

1 名前:ひかり ★:2019/04/19(金) 10:57:26.18 ID:Aq0H6NdE9.net
◆ヤクルト3―13阪神(18日・神宮)

 阪神・矢野監督が、鬼采配で大勝につなげた。4点リードの3回1死一、三塁。木浪に代えて上本を打席に送った。犠飛でリードを広げて
大きな1点になったが、試合後、ゲーム序盤での交代を指揮官は冷静に説明した。

 「まあ俺、やることやらん選手とか、あきらめるような選手使いたくないから。まああそこで(木浪が)前の打席三振しても走らないというところは、
まあ俺としては、あのチャンスで『それやったら上本やろう』と。というところで代えた」

 初回の1死二、三塁。木浪は変化球に空振り三振に倒れたが、相手捕手は取り損ねた。にもかかわらず、木浪は振り逃げを狙わずに一塁への
全力疾走を怠っていた。

 19日からは本拠で平成最後の伝統の一戦を迎える。2~4日の敵地での3連戦はまさかの3連敗を喫した。「チャレンジしていくしかないしね。
どんどん向かっていって、バットを振っていって、しっかり走って。やれることをしっかりやっていくことが基本だしね」と雪辱を誓っていた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000022-sph-base


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555639046
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ