ヘッドライン

【野球】<阪神・矢野監督>「ズルなんかせえへん!」 記者席からの“情報伝達”疑われ、珍しく審判に激高し猛抗議

1 名前:Egg ★:2020/09/27(日) 06:01:12.29 ID:CAP_USER9.net
写真
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/26/jpeg/20200926s00001173430000p_view.jpg

 【セ・リーグ 阪神1-2ヤクルト ( 2020年9月26日 神宮 )】 阪神は26日のヤクルト戦に1―2で敗れ、3連敗に沈んだ。8回の投手交代の際には矢野燿大監督(51)が審判団から7回の本塁クロスプレーを巡るリプレー検証中の外部とのやりとりを指摘されて激しく口論する場面もあった。後味の悪い黒星で、デーゲームで敗れた首位・巨人との差を縮められなかった。

思わぬところから疑惑の目を向けられた。8回表を終えて選手交代を告げに出た矢野監督に対して審判の1人が発した予期せぬ言葉で事態が急変した。一瞬にして全審判が集まり、井上打撃コーチも加わって“口論”が発生。桑原が投球練習する間、約6分間も試合進行が遅れた。

 「審判の人が、外部からの情報の伝達みたいなことを言うから、そんなんするわけない(と言った)。何か俺らがズルをすることなんかもない」

 珍しく声を荒らげて猛抗議した指揮官も試合後は冷静に審判とのやりとりを明かした。発端は7回だ。2死一塁から代打の高山の遊飛を西浦が落球した間に一塁走者の小幡が本塁へ突入。アウト判定に対してリクエストを要求した。このリプレー検証中に疑惑の光景があったもようだ。

 「記者の人が、チカに声かけて、ビデオ判定のときに“セーフなんじゃない”とかというのを、チカが一樹(井上)に“セーフっぽいですよ”というのをやっていたのか。(ベンチ奥にいたから)俺らは分からんよ」

 審判の主張は、判定した石山球審を除く審判団がベンチ裏のモニターで検証している間に1人の記者とネクストバッターズサークル付近にいた近本が当該プレーに対して「コンタクトを取っていた」というものだ。その記者が「セーフ」を意味する行動を取ったことで近本が井上打撃コーチに「セーフ」と伝達。リプレー検証は判定通りアウトのままでも、審判は「あった」と確信した選手と記者のやりとりを「外部からの伝達」と捉えた。

 試合後も再び指揮官と審判が約3分間の“延長戦”に突入した。責任審判の森二塁審判が「どこの新聞社の人間かということを記者席に向かって聞いていた。たまたま交代を告げにきたときに、その場で話になってしまっただけです」と説明して収拾した。同審判は報道陣に対しては「NPBに報告するので聞いて下さい」とだけ言い残した。実際にコンタクトがあったかは不明ながら、矢野監督にとってはとばっちりだった。

 25日には“クラスター”が表面化したばかりだ。まさに泣きっ面に蜂――。最後に誤解は解けたとはいえ、何とも後味の悪い一戦となった。 (山本 浩之)

【セ・リーグ アグリーメント 情報のフェアな入手と利用に関する申し合わせ】(抜粋)
 監督・コーチ・選手・スコアラー関係
 2・ネット裏スコアラーについては、試合に関する情報を収集するのは構わないが、その試合に関する情報はベンチに伝達しない。
 情報機器について
 3・中継用カメラなど情報機器を使用して入手する情報については、試合中にリアルタイムで使用してはならない。

2020年09月27日 05:30
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/27/kiji/20200927s00001173065000c.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601154072

【野球】巨人・原監督「ぜひしてあげなよ」楽天からの打診に後押し 活発トレードの背景

1 名前:爆笑ゴリラ ★:2020/09/29(火) 18:51:40.64 ID:CAP_USER9.net
9/29(火) 16:33
デイリースポーツ

巨人・原監督「ぜひしてあげなよ」楽天からの打診に後押し 活発トレードの背景
巨人・原辰徳監督
 巨人は29日、田中貴也捕手の楽天への金銭トレードが合意したと発表した。楽天も同日発表し、背番号「55」となった。

【写真】田中貴 3年前に育成から這い上がり契約

 両球団間のトレードはウィーラーと池田駿、高梨と高田に続いて今季3件目。シーズン中では異例の多さといえる。今回は捕手強化が急務となった楽天から打診し、原監督がフロントに「それはもう素晴らしいね。貴也も大チャンスだね。ぜひしてあげなよ」と、後押ししたことで実現した。

 田中は2軍で盗塁阻止率5割を超える強肩だが、巨人では大城、小林、炭谷、岸田らに押されてファームでの生活が長かった。

 巨人はロッテに沢村を送り出し、楽天は広島からジョンソンを獲得するなど、ともに1件ずつトレードしており、計4件目。活発トレードの背景には選手を思う親心もあり、原監督は「ジャイアンツで1、2を争う努力家。使いたい戦力ではあったけど貴也には大チャンスですよ。やっぱり限られた年数の中での個人事業主というね。夢追い人であるということだよね」と新天地での活躍を願った。

 楽天・石井GMも以前から、「トレードが悪いと思っていないので。互いにウインウインになればいいんじゃないかなと思う」という考え。捕手の太田が26日の西武戦で左肩を痛めて離脱したことから、田中貴も貴重な戦力となりそうだ。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggXRAr6lZlg0yRvhrnFHnWVQ---x640-y515-q90-exp3h-pril/amd/20200929-00000090-dal-000-7-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/93bb5edb56a171001be3819a144ccce58aa906ae


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601373100

【野球】日本ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因 稲葉氏女房のAさんと選手の女房たちがトラブルに

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/09/27(日) 11:57:33.79 ID:CAP_USER9.net
「こういうイザコザがあるんじゃ無理もないかと妙に納得しましたね」

 今年3月、バタバタと入籍を発表した日本ハムの若手選手たちに関してこう言うのはある日本ハムOB。「こういうイザコザ」とは24日発売の週刊文春に「稲葉侍ジャパン監督“モンスター妻”日ハム後輩夫婦にパワハラ180分」の見出しで書かれた記事のことだ。

記事によれば、日本ハムには奥さま会のようなものがあり、そこで稲葉侍ジャパン監督(日本ハムOB)の女房のAさんと選手の女房たちがトラブルに。AさんはFA宣言した選手を恫喝する場面もあったとか。2017年12月には稲葉夫妻が2組の選手夫妻に3時間“パワハラ説教”したという。前出のOBが続ける。

「日本ハムは昨年から今年にかけて結婚ラッシュでした。斎藤、有原、加藤、横尾、石井、石川直らが所帯をもったのですが、選手の多くは3月に公表。それも球団に促されて渋々、発表したくらいで、本当はもっと早い時期に入籍した選手がほとんどだったとか。奥さま会みたいなややこしいものがあって、おまけに牢名主みたいなご婦人までいるんじゃ、女房を守りたい、結婚を公にしたくないと考えるのは当然かもしれない。チーム内にはまだ、入籍を公にしていない選手もいると聞きました」

 稲葉侍ジャパン監督は一部で日本ハムの次期監督候補ともいわれているだけに波紋を呼ぶのは必至だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e329fbb59a79ab39b060c66c4e93b969701de08e
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200927-00000010-nkgendai-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601175453

【野球】楽天が4連敗で再び自力V消滅 先発・則本昂は5失点で「ぶち壊した」と反省

1 名前:爆笑ゴリラ ★:2020/09/29(火) 22:56:41.21 ID:CAP_USER9.net
9/29(火) 22:12
スポニチアネックス

楽天が4連敗で再び自力V消滅 先発・則本昂は5失点で「ぶち壊した」と反省
<楽・ソ>5回、降板する則本昂(撮影・吉田 剛)
 ◇パ・リーグ 楽天2―6ソフトバンク(2020年9月29日 楽天生命パーク)

 楽天が4連敗を喫し、自力優勝の可能性が再び消滅した。ソフトバンク戦(楽天生命パーク)で逆転負け。勝率は5割に逆戻りし、首位と6・5ゲーム差、2位のロッテとは5・5ゲーム差となった。

 先発のエース・則本昂が誤算だった。右手の負傷からの復帰戦。4回までは1失点に抑えていたが、5回に栗原に3ランを被弾するなど一挙5失点。4回1/3を6安打5失点で4敗目を喫し「状態は悪くなかった。1球1球慎重に、少し大事にいきすぎたかもしれない。ホームランで全部ぶち壊しました。試合を作れず申し訳ない」とコメントした。

 打線も相手先発・千賀に10三振を奪われ、またしても攻略できなかった。千賀との今季の対戦成績はこれで4試合で0勝3敗となった。試合後、三木監督は「大事な試合なのは分かっていた。こういう結果になって申し訳ない。どういう状況にんなろうが、しっかり受け止めてやり返したい」と悔しがった。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggi3ka9AIZ7OeT3KaaCFRWgw---x640-y479-q90-exp3h-pril/amd/20200929-00000233-spnannex-000-4-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/99907262b23b54f9d3c332c09113cf443f717ec9


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601387801

【野球】#菜々緒 が“死球式” 当てられたヤクルト・山崎は直後に本塁打 #DeNA 【芸能】

1 名前:少考さん ★:2020/09/30(水) 01:44:38.54 ID:CAP_USER9.net
菜々緒が“死球式” 当てられたヤクルト・山崎は直後に本塁打 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
https://www.sanspo.com/geino/news/20200929/geo20092920090029-n1.html

2020.9.29 20:09

始球式で投球する菜々緒=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)



セ・リーグ、DeNA-ヤクルト、19回戦、29日、横浜)女優、菜々緒が始球式を行った。DeNAのユニホームに、黒のパンツ姿で登場し、投げた球は山なりでワンバウンドして、ヤクルト・山崎の右足付近に当たった。

緩やかな球だったため、山崎は問題なかったが、まさかの死球に驚いた様子。ボールがぶつかったあとに慌ててバットを振った。菜々緒はDeNAを通じて「毎回緊張するんですけど、なんとデッドボールしてしまいました。すみません…」とコメントした。

直後にプレーボールがかかると、山崎は第1球を左翼席へ先頭打者本塁打。“菜々緒効果”の大当たりの一撃となった!?

twitter
https://twitter.com/NANAO1028/status/1310911689999613959
https://twitter.com/ydb_yokohama/status/1310877482963279872
(deleted an unsolicited ad)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601397878

【野球】<エンゼルスの大谷翔平>打率1割台に低迷でも…急に起用され始めた「ある事情」

1 名前:Egg ★:2020/09/29(火) 20:37:41.57 ID:CAP_USER9.net
エンゼルスの大谷翔平(26)が、屈辱の今シーズンを終えた。打撃不振から先発を外されることもたびたび。しかし最終盤に来て、再び起用され始めていた。その理由とはーー。
2試合ぶりの先発起用だった。9月23日のパドレス戦に「5番・DH」で出場したエンゼルスの大谷は、7号2ランを放ち4打数1安打2打点の活躍。チームの逆転勝利に貢献する。

とはいえ……。今季の大谷が、精彩を欠いていたのは間違いない。打率は1割で打点はわずか24。投手としては2試合に登板したのみで、0勝1敗、防御率37.80と散々。右ヒジを痛め、登板を断念せざるをえなくなった。
メジャーリーグに詳しい、スポーツジャーナリストの友成那智氏が語る。

「チームはア・リーグ下位に低迷しましたが、大谷の不振によるところが大きい。開幕前は、投打の柱として期待されていましたから。大谷への信頼の低下は、出場試合数に現れています。8月は21試合でスタメン起用されましたが、
9月に入ると出場試合は激減。12日のロッキーズ戦から、5試合連続で欠場しています」

チャンスでの弱さも目をひく。今季の大谷は満塁でヒット0。得点圏打率は1割台と、メジャー1年目に.321を記録したことを考えると出場試合が減って当然だろう。だが大谷が起用されなかった理由は、打撃不振だけではない。

「要因は二つあります。一つはDH限定なこと。たとえ代打で起用されても、次の回からは守備要員として別の選手を用意しなければなりません。エンゼルスのマドン監督は、
複数のポジションや打順をこなせる使い勝手のいい選手を好みます。今季の大谷は、マドン監督にとって起用しずらい存在だったんです。

二つ目が、新型コロナ感染拡大による試合数の短さ。大谷は日本ハム時代から、スランプに陥っても試合に出ているうちに復調してきました。
通常シーズンの162試合なら、監督も我慢して使い続けたでしょう。しかし今季は100試合も少ない。チームに、大谷の復調を待っている余裕がなかったんです」(友成氏)

◆二刀流は禁止!?

マイナス要因が重なっている大谷だが、最終盤になり再び出場の機会が増えていた。なぜだろう。友成氏が続ける。

「プレーオフ進出の可能性が、ほぼ消滅したからですよ。プレーオフ進出が望めた9月上旬に、マドン監督はこう話していました。『限られた試合の中で戦わなければならない。
残り10日ほどは(大谷を起用しない)今のメンバーでいく』と。つまり現在は勝ちにこだわり、ベストメンバーを組む必要がなくなったということです」

プロ入り以来、最も悔しいシーズンとなっであろう大谷。だが来季も、厳しい状況は続きそうだ。

「エンゼルスは、5年連続でポストシーズン進出すらできませんでした。潤沢な資金があり、大型補強をしたにもかかわらずです。おそらく責任をとらされ、エプラーGMは解任されるでしょう。
エプラーGMは大谷獲得に積極的に動き、二刀流へのこだわりに理解を示した人物です。後ろ盾がいなくなれば、起用法にも影響が出ます」(友成氏)

9/29(火) 8:02配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/426c4a314d29e123701f4fc142645310a1c70e50


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601379461

【大学野球】愛知大学のエースとして活躍する大矢圭一郎容疑者、持続化給付金詐欺で逮捕 高校時代はドラフト候補

1 名前:ニーニーφ ★:2020/09/30(水) 00:17:46.17 ID:CAP_USER9.net
 新型コロナウイルス対策の持続化給付金が、だまし取られる事件が相次ぐ中、29日愛知県警に詐欺の疑いで逮捕されたのは、大学野球で活躍するプロ注目の選手でした。
愛知では8月にも総額4億円にも及ぶ持続化給付金の不正受給事件がありましたが制度に問題はないのでしょうか。

 29日、愛知県犬山警察署。

 「持続化給付金をだましとったとして逮捕された男の身柄が、警察署に入ります」(江口記者)

 住所不定の大学生・岩堀新大容疑者21歳。そして、愛知県豊橋市小池町に住む大学生・大矢圭一郎容疑者21歳です。

 新型コロナウイルスの影響で、収入が半減した個人事業主などに支給される持続化給付金。
生活の苦しい事業者が受け取るはずの100万円をだまし取った詐欺の疑いで逮捕されたのです。

 大矢容疑者は愛知大学の野球部で投手として活躍。高校時代にはドラフト候補にもあがり、将来が期待されていました。
人脈を生かして10人ほどの学生らを集め、うその申請を指南し、その見返りに報酬を受け取っていたとみられています。

 警察は大矢容疑者ら2人の認否を明らかにしていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d3874e6f29c1fff9802057c0ef3fe5c4dcaf3bc3
9/29(火) 19:00 CBCテレビ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601392666

【野球】巨人の菅野が開幕12連勝 岩隈と並ぶ最長記録

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/09/29(火) 22:02:25.92 ID:CAP_USER9.net
○巨人6―1広島●(29日・マツダ)
 巨人の菅野智之投手(30)が29日の広島戦(マツダ)で勝利投手となり、開幕12連勝を飾った。2リーグ制以降、開幕投手からの12連勝は2004年の岩隈久志(近鉄、現巨人)に並ぶ最長記録。開幕投手以外の巨人投手では、堀内恒夫が1966年に開幕13連勝している。【角田直哉】

https://mainichi.jp/articles/20200929/k00/00m/050/278000c



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601384545

【野球】<プロも注目した大学野球のエースら>2人逮捕! 相次ぐ持続化給付金詐欺 愛知

1 名前:Egg ★:2020/09/29(火) 21:58:38.77 ID:CAP_USER9.net
新型コロナウイルス対策の持続化給付金が、だまし取られる事件が相次ぐ中、29日愛知県警に詐欺の疑いで逮捕されたのは、大学野球で活躍するプロ注目の選手でした
愛知では8月にも総額4億円にも及ぶ持続化給付金の不正受給事件がありましたが制度に問題はないのでしょうか。

29日、愛知県犬山警察署。
「持続化給付金をだましとったとして逮捕された男の身柄が、警察署に入ります」(江口記者)

住所不定の大学生・岩堀新大容疑者21歳。そして、愛知県豊橋市小池町に住む大学生・大矢圭一郎容疑者21歳です。
新型コロナウイルスの影響で、収入が半減した個人事業主などに支給される持続化給付金。生活の苦しい事業者が受け取るはずの100万円をだまし取った詐欺の疑いで逮捕されたのです。

大矢容疑者は愛知大学の野球部で投手として活躍。高校時代にはドラフト候補にもあがり、将来が期待されていました。人脈を生かして10人ほどの学生らを集め、うその申請を指南し、その見返りに報酬を受け取っていたとみられています。
警察は大矢容疑者ら2人の認否を明らかにしていません。

(相次ぐ持続化給付金の不正受給、警察は今後も摘発を続ける方針です。どのような制度で、制度に問題はないのか等 さらに詳しくは動画をご覧ください)

9/29(火) 11:31配信  FLASH
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3874e6f29c1fff9802057c0ef3fe5c4dcaf3bc3


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601384318

元祖“二刀流”ダニー・エインジ。バスケットボールと野球、両分野でプロ選手となった“問題児”の人生

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/09/29(火) 12:54:16.89 ID:CAP_USER9.net
ともに長い歴史を持つNBAとMLBだが、両リーグでプレーした選手は過去に12人しかいない。そのなかの1人であるダニー・エインジは、バスケットボールだけでなく野球の分野でも将来を嘱望されるほどの逸材だった。元祖“二刀流”としてキャリアを送った男の人生に迫る。

現在“二刀流”と言えば、誰もが野球の大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)を思い浮かべるだろう。投手と野手の兼業は何十年もなかったことで、そのふたつを高いレベルで成し遂げたのは間違いなく凄まじかった。

 ただアメリカでは、種目の壁をも超えて二刀流、三刀流をこなすのはアマチュアレベルでは普通のこと。かつてはMLBとNBAの兼業選手も珍しくなかった。

 現時点で、NBAとMLBの両リーグでプレーした最も有名な選手はダニー・エインジだろう。ボストン・セルティックス、フェニックス・サンズなどで14年にわたり活躍したエインジは、MLBでもトロント・ブルージェイズで3年間プレーした経験を持つ“二刀流選手”だった。
 
■アスリートだった両親の血を継ぎ様々な競技で非凡な才能を発揮

「息子は小さい頃から、メジャーリーガーとカレッジバスケットのオール・アメリカンになりたいと言っていたんだ」

 当時を振り返るエインジの父ドンも、野球、バスケット、フットボールの3種目すべてでオレゴン州代表に選ばれたほどのスポーツマン。母のケイも優れた体操選手で、両親の遺伝子を受け継いだダニー少年が運動神経抜群なのは当然だった。

 またエインジにはダグとデビッドという2人の兄がいたのだが、彼らはどんなスポーツをする時でも弟に一切容赦をしなかったという。

「兄貴と1オン1をやっていても、絶対に最後まで続かなかった。必ず途中で喧嘩になってしまったからね(笑)」

 そんな毎日を送ることで、自然と身についたファイティング・スピリットは、やがてエインジの代名詞となる。

 ノースユージーン高校では、父と同じく野球、バスケット、フットボールですべて州のファーストチームに選出。ゴルフや水泳、ボウリング、さらにはチェスやバックギャモンといった頭脳スポーツでも才能を発揮し、学業成績も優秀だった。

 ただ、体格的にフットボールで大成するのは難しいと考え、バスケットボールを優先することを決意。モルモン教徒ということもあり、ユタ州のブリガムヤング大(BYU)に進学した。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/8bb885e4b06461711c68fc17c66342f10ddf5a2f
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200928-00024642-thedigest-000-5-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601351656
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ