ヘッドライン

巨人から広島へ人的補償で移籍した一岡が会見「大竹さんほどの実績を積み上げていきたい」

1 名前:三毛猫φ ★:2014/01/07(火) 15:38:04.09 ID:???0

大竹のFA移籍に伴い、巨人から人的補償で移籍した広島一岡竜司投手(22)が7日、
マツダスタジアムで入団会見に臨んだ。

 最速150キロの速球とフォークが武器でプロ2年目の昨年は2軍で抑えを務めた。
中継ぎとして、1軍に9試合登板。3年目の飛躍が期待されている。「FAのせいで来たという
思いはない。逆にチャンスをもらった。期待されてきたと思うので、大竹さんほどの実力、
実績を積み上げていきたい」。昨秋から先発登板も見据え、スタミナ強化に励んできた。
「広島のファンは熱い。そんなチームでやれるのはうれしい」と意気込んだ。背番号は「30」に決定した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000027-nksports-base
http://amd.c.yimg.jp/amd/20140107-00000038-dal-000-1-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1389076684

FA補償で鶴岡獲得…阪神に懸念される「捕手余り」の悪影響

1 名前:三毛猫φ ★:2014/01/07(火) 15:42:45.63 ID:???0

「ホンマかいな!」
 阪神ファンも目を丸くしたんじゃないか。

 報じられていた通り、DeNAは6日、FAで獲得した久保康友(33)の人的補償として、
鶴岡一成(36)の阪神移籍を発表した。

 阪神はこのオフ、久保とスタンリッジの両先発が他球団に流出したことで先発投手が手薄になった。
当初は人的補償で小林太ら中堅投手を獲得する方針だとみられていた。

 一方、日本ハムからFA宣言した同姓の鶴岡(32)に食指を動かした経緯もある。結果的にソフトバンクに
奪われたが、捕手の補強については、以前から坂井オーナーが強く要望していたという。年をまたいで
DeNAからのリストを首っ引きで熟考した上で、鶴岡獲得という「どんでん返し」に至ったとみられる。

 それにしても、また捕手である。阪神は10年オフに藤井(37)を、12年オフには日高(36)をそれぞれ
FAで獲得した。そして今度は鶴岡だ。35歳を越えたロートル捕手がチームに3人も所属するなんて、
めったにあるもんじゃない。そんな編成をすること自体が前代未聞だ。

「鶴岡はDeNAで昨季、108試合に出場した『1番手捕手』だが、藤井を上回る力があるわけじゃない。
清水、日高も2番手以降に控えているし、和田監督も起用に気を使うはず。捕手がコロコロ代わることになれば、
捕手自身も試合の流れが掴めないし、投手としても投げづらい。鶴岡の獲得は、チームの士気にマイナスの
影響を与えかねません」(阪神OB)

 阪神は昨季、12球団トップのチーム防御率3.07をマークしたが、今季はバッテリーから「投手王国」が
崩壊するかも。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000010-nkgendai-base
今度もロートル捕手・鶴岡/(C)日刊ゲンダイ
http://amd.c.yimg.jp/amd/20140107-00000010-nkgendai-000-1-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1389076965

西武がFA人的補償で巨人から脇谷亮太、ロッテからは中郷大樹を獲得へ

1 名前:かばほ~るφ ★:2014/01/07(火) 09:43:57.40 ID:???0

西武が脇谷、中郷獲得へ FA人的補償で

西武が、FAで移籍した涌井、片岡の人的補償として、巨人、ロッテ両球団から選手を獲得することが6日、
分かった。鈴木本部長がこの日、両球団に獲得する選手を伝えたことを明かし「フロントと監督の意見が
一致したので、すんなり決まりました」と説明した。巨人から脇谷亮太内野手(32)、
ロッテからは中郷大樹投手(29)を獲得するとみられる。

脇谷は内野の複数ポジションをこなせる上に、勝負強い打力も大きな持ち味。力勝負の傾向が強い
パ・リーグで、力量を発揮する可能性は十分にある。西武の内野陣は片岡に加え、三塁を守ったヘルマンも
オリックスに移籍し、やや手薄な状況。巨人のヘッドコーチ時代から能力を高く評価していた伊原監督が、
白羽の矢を立てるのは自然の流れだった。球団も、片岡が背負ってきた背番号「7」を用意。
レギュラー格として大きな期待をかけている。

中郷もチーム事情に即した補強になる。岸、牧田、菊池を中心とした先発陣はリーグ屈指の分厚さを誇る。
ただ昨季もやりくりでしのいだように、中継ぎ陣は盤石とは言えない。中郷は昨季37試合に登板し、
自己最多となる15ホールドを記録した。140キロ台後半の直球に加え、鋭いスライダー、
フォークボールを駆使する変則右腕の加入で、勝ちゲームの終盤に計算が立つ。

両選手の獲得は、今日7日にも西武から発表される。投打の中心選手が抜けた穴を実力者で埋め、
伊原西武がスタートする。

続きは>>2-5あたりに
nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140107-1240540.html

2 名前:かばほ~るφ ★:2014/01/07(火) 09:44:15.11 ID:???0

>>1からの続き

◆脇谷亮太(わきや・りょうた)1981年(昭56)11月4日生まれ。大分県出身。
柳ケ浦では2年夏に甲子園でベンチ入り。日本文理大では大学選手権で優勝しMVP。
NTT西日本を経て05年大学・社会人ドラフト5巡目で巨人入団。10年にセ・リーグ記録の
15試合連続得点。12年は右肘故障で育成契約も13年に支配下復帰。通算530試合、
打率2割5分5厘、12本塁打、110打点、59盗塁。176センチ、74キロ。右投げ左打ち。
今季推定年俸2400万円。

◆中郷大樹(なかごう・たいき)1984年(昭59)9月21日生まれ。徳島県出身。
那賀-JR四国を経て、06年大学・社会人ドラフト6巡目でロッテ入団。プロ6年目の12年に初勝利。
昨年は37試合2勝2敗15ホールド、防御率3・31。通算127試合5勝4敗0セーブ21ホールド、
防御率3・18。178センチ、75キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸2510万円。

[2014年1月7日6時56分 紙面から]


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1389055437

中日・山本昌は減額提示に「GM、クビならクビっていってください」落合「バカだなあ、50歳までやってもらう」

1 名前:しいたけφ ★:2014/01/06(月) 14:23:19.02 ID:???0


中日・山本昌投手(48)が5日、名古屋市内で行われたトークショーで
落合GMとの秘話を明かした。

昨年11月6日の契約更改交渉で、野球協約の減額制限(1億円以下は25%)を超える
33・3%減となる2000万円ダウンの、年俸4000万円を提示された。

落合GMに「クビならクビって言ってください!!」と言い寄ったというが、
「何、怖い顔してんだ。おめえはバカだなぁ。50歳までやってもらう」と返されたという。
「それでやる気になった」と山本昌。
さすがの球界のレジェンドも落合マジックにやられた!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000526-sanspo-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388985799

DeNA・鶴岡、涙浮かべて会見「どこに行っても競争することは変わらない」…久保のFA人的保証として阪神に移籍

1 名前:かばほ~るφ ★:2014/01/06(月) 15:46:37.55 ID:???0

阪神移籍の鶴岡、涙浮かべて会見「どこに行っても競争」
1月6日(月)14時16分配信

DeNAは6日、FAで獲得した久保康友投手(33)の人的保証として、鶴岡一成捕手(36)が
阪神に移籍することを発表した。

鶴岡は昨季は正捕手として自己最多の108試合に出場。打率・250、3本塁打の成績を残した。
正捕手の手痛い流出に、高田繁GMは「ウチは久保を獲っている。リストに外れた選手の誰かが
行くことは覚悟していた。誰が出ても痛い。残った選手にチャンスがある。頑張ってもらう」と話した。

鶴岡はこの日、横浜市内の球団事務所にあいさつに訪れ、横浜スタジアムのロッカーを整理。
「望まれて野球ができるということは選手冥利につきる。どこに行っても競争することは変わらない。
甲子園は好きな球場。ホームであれだけの声援を受けて試合に出られることはいいことだと思う」
と目にうっすら涙を浮かべながら話した。

Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000046-dal-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388990797

清原和博氏 KAT-TUN・亀梨和也と1打席真剣勝負で3球三振 「変化球ばっかりやった」

1 名前:ケンシロウとユリア百式φ ★:2014/01/05(日) 20:35:06.29 ID:???0

清原和博氏(46=日刊スポーツ評論家)が5日、
東京ドームで行われたキリンビールが開催する
「のどごし 夢のドリーム プロ野球」に出席し、
KAT-TUNの亀梨和也(27)と1打席真剣勝負をした。

清原氏は亀梨の外角中心の緩急を使った投球にタイミングが合わず、3球三振。
試合終了後、清原氏は「変化球ばっかりやった。松坂(大輔)だったり、
世界に羽ばたく投手は僕と対戦するときは、直球勝負だった」
と清原節で会場の笑いを誘った。

ソース:日刊スポーツ(2014年1月5日19時45分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140105-00000066-nksports-base
画像:亀梨和也に三振に仕留められた清原氏は悔しそうにベンチに戻る
http://www.nikkansports.com/baseball/news/img/bb-sd-140105-kiyohara-ns-big.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388921706

阪神 FA久保の人的補償で鶴岡獲得へ 6日にも発表

1 名前:発狂くんφ ★:2014/01/05(日) 08:46:11.94 ID:???0

阪神が、国内フリーエージェント(FA)権を行使してDeNAに移籍した久保康友投手(33)の人的補償として、
鶴岡一成捕手(36)を獲得する方針を固めたことが4日、分かった。6日にも発表される。

当初、球団は人的補償で若手投手の獲得を目指していた。だが、その方針を転換し、鶴岡に白羽の矢を立てた。

DeNAで正捕手として昨季108試合に出場し、打率・250、3本塁打、40打点。
若手投手を巧みにリードするインサイドワークも定評がある。
球団は今オフ、争奪戦でソフトバンクに敗れたが、
日本ハムからFA宣言した捕手の鶴岡慎也の獲得に乗り出していた経緯もあった。

[ 2014年1月5日 05:30 ]

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/01/05/kiji/K20140105007325300.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388879171

マキャベリスト「落合博満」はなぜ人気がないのか…(産経新聞)

1 名前:ニーニーφ ★:2014/01/04(土) 16:47:50.69 ID:???0

落合博満氏(60)が一流の野球人ということは間違いない。
現役時代は3度の三冠王。2004年から8季、中日の指揮をとり、
4度の優勝、1度の日本一。
現役時代は「俺たちはきちんとユニホームを着ているのに、
何でお前らはネクタイを締めないんだ」といって、記者の質問に答えないなど、
悪役を演じていた。監督としては勝ちに徹したのに、なぜ人気が上がらなかったのか。

 理由の1つは、落合中日の野球は息苦しかった。
落合氏は2011年に自著「采配」を出版した。
ビジネス書として読まれ、40万部を超えるベストセラーになったが、
これを読むとその理由が分かる。

 (1)0-1で負けて「投手は自分の仕事をした」という人がいるが、
チームスポーツで仕事をしたというのは勝ったときだけ。
打線が点をとれないなら、零点に抑えろ。

 (2)すり寄る人間が出ないように、監督は自軍の選手、
コーチにも本心を読まれてはいけない。

 (3)レギュラーの甘えは完全に断ち切る。
死球を受けた選手には「出るのか引っ込むのか。
俺だったら、ほかの選手にチャンスを与えないけどな」とつぶやく。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140104-00000500-san-base
(>>2以降に続く)

2 名前:ニーニーφ ★:2014/01/04(土) 16:47:59.23 ID:???0

強いが人気が出ないチームは前例がある。
例えば昭和40、50年代の阪急、森祇晶氏が率いた西武などだ。
これには明確な理由があり、関西のプロ野球市場は阪神、関東は巨人が
主導権を握っていて、これを崩すのは容易ではなかった。

 だが中日は中部・東海地区に競合球団がいない。
しかし5-4の打ち合いだと球場での応援も熱が入るが、
落合流の守りきる野球では、井端、荒木の守備の良さは分かりにくい。
そしてファン拡大には必須のスター選手を育成していなかった。

 (1)8年間で生え抜きからレギュラーをつかんだのは森野だけ。
大島、平田などレギュラー級の選手がいたが、25歳までは体力と技術を強化していく時期だ。

 (2)レギュラー争いは選手同士の競争で決めるもの。
「世代交代」と簡単にいうが、監督やコーチの判断で進めるものではない。

 (3)「チームリーダー」はいらない。
「チームリーダー」という亡霊が選手個々の自立心を奪うことがある。
(>>3以降に続く)

3 名前:ニーニーφ ★:2014/01/04(土) 16:48:08.79 ID:???0

一般的にドラフトで注目された選手にチャンスを与えた方が、マスコミの扱いが大きく、
ファン獲得には有利だ。巨人の坂本や長野、阪神の鳥谷は将来のチームリーダーとして、
チャンスを与えられ、正位置を獲得したが、「采配」を読むと、落合流では邪道だ。

 井端、荒木、森野、谷繁や外国人選手を追い落とす実力がないと、
いくら注目度が高くても起用しない。30歳までは修行ではチームの高齢化は進むだけだ。

 また「引き継ぎは一切しないが、次の監督が困らないチームにしておくことも監督の仕事」と書いているが、
事実上、解任されたこともあり、後任監督の高木守道氏が困らないチームを作っていなかったように見える。

 落合氏から指名された谷繁新監督が若手起用法などで、落合流をどこまで受け継ぐのか。
来季の選手起用に注目したい。

 ちなみに落合氏は監督時代、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督就任を断り、
選手の派遣にも難色を示した。これは監督、選手は中日と契約している個人事業主で、
WBC出場がその契約履行に支障をきたすとの理由からだった。
今後は球団の統一契約書の中に国際大会参加に関する項目を加えるなど改革が必要だ。
監督なら言いっぱなしでいいが、今度はGM。「責任」の重さは違うはずだが…。
(運動部編集委員・村田雅裕)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140104-00000500-san-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388821670

日本ハム・斎藤佑樹、田中将大と自身を「ウサギとカメ」に例える

1 名前:かばほ~るφ ★:2014/01/03(金) 16:47:48.24 ID:???0

【道スポ】佑、マー君はウサギ 僕はカメ 「いつか絶対見返してやる」(01/03 10:30)

マー君と僕はウサギとカメ―。昨年は右肩痛に苦しんだ日本ハムの斎藤佑樹投手(25)が、
完全復活を目指すプロ4年目のシーズンを前に独占インタビューに答えた。悩み抜いた日々と
無敵の強さを誇った高校時代からのライバル・田中将大投手(25)への思いや、
復活に懸ける意気込みなどの思いを激白し、勝負の14年シーズンへと向かう。

斎藤は13年初頭、ボールを投げることすらできなかった。長く暗いトンネルを抜け出した今、
1年を静かに振り返った。

「本当に縁だと思うんですけど、中垣さんが帰ってきて、僕が憧れていた黒木さんが来て、
田之上さんも肩をけがしたことがあったそうで、いろんなことが重なってアドバイスをもらうことが
できた。1、2年目を通して、野球選手としての知識が少なすぎると思っていたので、中垣さんが
野球のことだけでなく運動力学的なことも教えてくれて、知識を得られた。病院でも知識を得て、
肩はこういう構造だというのを得られた。試合で投げられて肩の痛みも全くなくなって、
兆しも見えているという状況になった今は、すごく勉強になったと思える1年でした」

段階を踏んで進む中、投げる喜びと残酷な現実に突き当たった。
「中垣さんに『そろそろ傾斜で入ってみようか』と言われた時は、短い距離だけどすごくうれしかった。
ずっと平地でネットスローだったので」

だが、プレートからホームまでの18・44メートルが、果てしない距離に思えた。
「本当に最初は遠く感じて。思いっきりバチンと腕を振って投げた時の感覚が、僕の中では
『140くらい出ている』と思って、今のはどうですか、何キロくらい出ています?って聞いたら、
120くらいじゃないって言われて、それはすごいショックでした。僕の感覚と、周りで見ている
感覚が全く違っていた」

続きは>>2-5あたりに
道新スポーツ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/513293.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/image/8899_1.jpg

2 名前:かばほ~るφ ★:2014/01/03(金) 16:48:12.37 ID:???0

>>1からの続き

けがが癒えたからこそ、本当の苦しみがやってきたことになる。

「投げられるようになってからがもっとつらかったですね。そのギャップを埋めるのに試行錯誤
しましたし、投げられるようになることがこんなにも大変なんだと感じました。投げられてからの方が
僕はしんどかったな」

それが昨秋には、こう思えるようになった。
「(2月は)塁間くらいしか投げられなくて、それが秋のキャンプは球場が狭く感じたくらいなので、
どうやったらあんなに肩を痛めることがあるのかなと思うくらいですよ」

高校時代からのライバル・田中はその秋、無敵の強さで日本一のマウンドに立った。高校時代も先に
日本一のマウンドに立ったのは田中だった(2年秋の神宮大会)。まさに楽天日本一の直後、
斎藤は沖縄でふと本音をのぞかせた。

「素直に普通の野球ファンと同じですよ。すごいなって。感動しました。マー君をどう見てきたかって
聞かれますけど、僕はずっとうさぎとカメと思ってきたんです。それは高校時代もそうだったし、
プロになってからもそう。いつかは、いつかはと思っています」

斎藤は田中と自身を、うさぎとカメに例えた。

「誰に対しても言えることなんですけど、負けた相手に対しては、いつかは絶対に見返してやるという
気持ちですね。それが今すぐではないかもしれないけど、いつかは絶対に見返してやるという気持ちが
あります」(聞き手・田子大地)<道新スポーツ1月3日掲載>


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388735268

早大コンビが1位候補 大学生は豊作 投手に逸材

1 名前:ちびのぽφ ★:2014/01/02(木) 14:04:02.66 ID:???0

大学生に逸材がそろう14年秋のドラフトは、昨秋(3人)を上回る人数の大学生が1位指名されそうだ。

早大の投打の中心、有原航平投手(21)、中村奨吾内野手(21)は1位指名が濃厚。有原は高校時からドラフト上位候補として注目を集めたが大学に進学。
150キロ前後の直球を持ちながら安定感に欠ける投球が続いていたが、昨秋は力でねじ伏せる投球でリーグ1位となる防御率0・72をマーク。ようやく能力に成績が追い付いてきた。

中村は俊足好打の二塁手で、1年秋に定位置をつかむと大きなスランプなく毎シーズン安打を積み重ねた。3年になると打撃に力強さを増し、3年秋にはリーグトップとなる4本塁打を放った。
同じ東京六大学野球リーグでは法大・石田健大投手(20)、明大・山崎福也投手(21)の両左腕もドラフト1位候補。ともに140キロ中盤から後半もマークする直球が力強い。

東都大学野球リーグにも逸材がずらり。高3時に興南を甲子園春夏優勝へ導いた中大・島袋洋奨投手(21)は大学で故障を経験しながらも力強さを増し、球速は150キロに到達。
奪三振マシンぶりは健在で大学でも投球回数とほぼ同数の三振を積み重ねている。

亜大・山崎康晃投手(21)はソフトバンク・東浜巨投手や昨秋ドラフトで広島から2位指名された九里亜蓮投手ら上級生に逸材ぞろいだった2年時までは出番が限られていたが、
3年時は春防御率1位、秋も防御率2位と開花。バネのあるフォームからキレのあるボールを投げ込む。

駒大・江越大賀外野手(20)は高い身体能力に加え、リーグ通算9本塁打の長打力も魅力。下級生時は低打率にあえいだが、徐々に確実性も増してきている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140102-00000044-spnannex-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388639042
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ