ヘッドライン

東尾修 松坂大輔の技巧派への転身に「そんなに簡単なことではないよ」〈週刊朝日〉

1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 09:01:09.77 ID:CAP_USER9.net

西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、昔と今の自主トレの違いを指摘する。

*  *  *
 昨年の日本シリーズの激闘が今も鮮明に記憶に残っているが、早くも今季に向けた自主トレの話題が連日報じられている。温暖なハワイやグアムで自主トレを行う選手も多い。そして、今オフはダルビッシュ(レンジャーズ)が都内の施設で投手、野手問わず選手を集めてトレーニングを行っているのが印象的だ。

 ダルビッシュのような超一流選手、そしてトレーニングやサプリメントの知識を持った選手が、日本国内の選手に伝えることは、野球界の発展にとって、素晴らしいことだと思う。参加した選手も高い意識を持って取り組んでほしい。ただ体を大きくする、パワーをつけるといったことだけでなく、自分の体をよく知り、どうやったら野球の動きに生かせるかといったことも考えてほしいね。

 それにしても、私の現役時代は、国内で温泉地などに宿を取りながら、海岸やゴルフ場を走ることしかなかった。大分や佐賀の唐津などに行き、決まって行ったのは5キロ前後のロードワーク。それが終わったら、ダッシュ。腹筋、背筋も今のような器具で鍛えることはなかった。他のチームの選手と合同自主トレを行うことも少なかったよね。毎年、この時期の自主トレの光景を報道で見ると、自分のやっていた時のことを懐かしく思う。

 昨年も言ったが、方法論が増えたといっても変わらないことがある。それは自分の体のことをしっかりと把握すること。選手個々で鍛える目的は違う。何を採用して、何を捨てるのか。その選択次第で野球人生も変わってくる。

 体を完全に休めるという期間も年々少なくなってきている。準備のための準備という言葉を使う選手もいる。ソフトバンクの松坂大輔は12月にプエルトリコのウィンターリーグで4試合に登板した。2年間で1軍登板はわずか1試合。今年は野球人生をかける年になると思う。

 大輔は球威で押す形から、ツーシームやカットボールなどで細かくボールを動かす形を模索しているという。ただ、見失ってはいけないのは、ボールを動かすにしても、ある程度、速球のキレが必要になるということだ。そのためには、体の柔軟性を保ち、どれだけロスなく力を指先に伝達できるか、がカギとなる。

 過去において、速球派から技巧派へ転身を見事に遂げた一人として、鈴木啓示さんがいるが、そんなに簡単なことではないよ。まず、配球面も大きく変わる。球威があれば、初球から速球でファウルを打たせてカウントを稼げるけど、技巧派はそうはいかない。どうやって打ち取るかを常に頭に描きながら、逆算で球種選択、コース選択をする必要がある。それまでやってきた頭の中の概念をすべて取っ払い、その上で新しい組み立てを構築していく必要がある。鈴木さんも、勝てない時期はあった。

 私も2月上旬に宮崎キャンプで大輔の投球を見ることを楽しみにしている。ソフトバンクは田中正義も入団してさらにハイレベルな1軍争いとなる。はっきり言えば、大輔が開幕1軍を勝ち取るには、相応の結果が必要だろう。12月の経験を今の時期の自主トレにどうつなげ、そしてキャンプインを迎えるのか。

 3月にはWBCが行われるし、開幕前から熱くなる。今年も時には厳しく、意見をしていきます。

※週刊朝日 2017年1月27日号

dot. 1/21(土) 7:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170119-00000028-sasahi-base&p=1


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484956869

長嶋茂雄さんが大相撲生観戦で興奮 稀勢の里の初優勝見届け、 「ようやく期待に応えられてよかったね」

1 名前:ニーニーφ ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 23:41:23.30 ID:CAP_USER9.net

プロ野球巨人の元監督、長嶋茂雄さんが幕内取組を観戦し、
稀勢の里の初優勝を見届けた。
日本相撲協会広報を通じて「相撲内容も完璧に近かった。
期待を背負ってきた。ようやく期待に応えられてよかったね」とコメント。
長い足踏みを経て宿願をかなえた大関を祝福した。

 最近はテレビで大相撲を見ていたそうだが、久々の観戦に
「生で見ると素晴らしい。迫力が違う。興奮した」と話した。

時事通信 1/21(土)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000101-jij-spo


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485009683

<稀勢の里関>中学時代はエースで4番…野球で鍛えた足腰

1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 01:22:57.49 ID:CAP_USER9.net

毎日新聞 1/21(土) 21:16配信

 稀勢の里関は小中学生時代、野球選手としても活躍した。茨城県龍ケ崎市立松葉小学校の時に
所属した少年野球チーム「龍ケ崎ハリケーンズ」総監督の岩瀬正和さん(68)は
「プレッシャーに弱いと言われながら頑張り続け、今回のような結果が生まれた。
神様が味方してくれた」と快挙を祝福した。

 岩瀬さんによると、「負けず嫌いで根性があった」。階段を駆け上るトレーニングを
10回続けるなど「足腰は相当鍛えた。それが力士になって生きたのかもしれない」と懐かしむ。
今も少年野球を指導する岩瀬さんは子どもたちに「しっかり腰を落とせ。稀勢の里もそういうところは
一生懸命練習した」と言い聞かせている。

 同市立長山中学校では野球部の「大黒柱」だった。当時、同校教諭で監督だった吉田正人さん
(47)は「中2で体重100キロを超えていたが、体が軟らかく、しなやか。肩も強かった」。

 3年生ではエースで4番。だが、中学最後の試合で途中から一塁を守っていた時、
クロスプレーで走者と衝突しそうになり、右手を下について転倒。右手首の靱帯(じんたい)を
断裂した。「自分の体重で相手にけがをさせてはいけないと取った行動だったのでは」と
吉田さんは振り返る。

 高校には進まず角界入り。頂点に立った稀勢の里関に吉田さんは「頑張り屋だった。
これまで何度も優勝争いに絡んできただけに、まずはお疲れさんと言いたい」と
ねぎらった。【安味伸一】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000074-mai-spo


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485015777

北広島市と日ハム 新球場構想で2月1日から本格協議

1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 13:54:21.31 ID:CAP_USER9.net

【北広島】プロ野球北海道日本ハムの新球場建設構想を巡り、北広島市と日本ハムは2月1日から、札幌ドーム(札幌市豊平区)から北広島市への本拠地移転の可能性を探る実務者協議を本格化させる。

 北広島市は昨年12月、施設の整備案や交通アクセスの利便性向上を柱とする構想を策定し、日本ハムに提案。18日には北広島市と日本ハムの担当者が、今後実現に向けた課題をそれぞれ持ち寄り、具体的な協議に入る方針を確認した。


01/20 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/baseball/fighters/1-0359598.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484974461

WBCに米ファンは関心薄?!決勝券よりメジャーOP券の方が人気で高価現象 次大会は消滅の可能性が大きい

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 12:18:16.33 ID:CAP_USER9.net

野球世界一を決める第4回のワールドベースボールクラシック(WBC)を3月に控え、連日のようにメジャー公式HPは、関連ニュースを発信している。米国代表チームは、過去大会よりも本気度が高いと言われていて、大物の参戦表明も続いているが、米国内の野球ファンの関心には、今大会もまた疑問が残る。

 ファンのWBCへの関心度をメジャーリーグ公式チケット転売サイトである「スタブハブ」の売買価格から探ってみた。すると思わぬ不安材料が浮かび上がってきた。WBCと同時期に行われるメジャーリーグのオープン戦のチケット取引価格が、WBCの第1次ラウンド、第2次ラウンドのみならず、決勝ラウンドの取引価格をも上回っているのだ。

  昨シーズン、108年ぶりのワールドシリーズ優勝を決めたカブスは、3月4日のオープン戦でドジャースと対戦するが、すでに売り切れているのか、球団の公式チケット購入サイトからは購入不可能。チケット売買サイトのスタブハブでは、最低価格が60ドル(約6900円)、最高額が9999ドル(約115万円)で取引されている。球団発売のオリジナルでは最も安いチケットは20ドルから売り出されている。

 カブスードジャース戦だけではない。WBCの準決勝と重なる3月21日のヤンキースーレッドソックス戦のチケットの売買価格は、スタブハブでは、39ドル(約4500円)から4850ドル(約56万円)という金額になっている。こちらも球団の公式チケット購入サイトからは、すでに購入できない。恐らく売り切れているのだろう。

 WBCのチケットは、公式ホームページで販売されている。それによると、ドジャースタジアムで行われる準決勝、決勝の決勝ラウンドは、3試合パッケージで売り出されており、定価は、3試合で75ドル(1試合あたり約26ドル、約2990円)から、1050ドル(1試合あたり350ドル、約4万300円))まで。チケット売買サイトのスタブハブでは、決勝ラウンド3試合のうち第3戦が最も高額で取引されている。転売サイトでは、54ドル(約6200円)から売りに出されており、最高額が一塁線に面した席で5000ドル(約57万円)と表示された。

 オープン戦の球場と、ドジャースタジアムでは収容人数が大きく違う。また、決勝ラウンドは対戦カードがまだ決まっていないことから、カード次第で金額が大きく変動し、値がつり上がる可能性もあり、単純比較することはできないのだが、それでも、現時点のメジャー公式転売サイトでは、オープン戦のチケットが、WBCの決勝ラウンドよりも高値で売買されているのだ。

2 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 12:18:29.18 ID:CAP_USER9.net

すでに組み合わせが決まっているWBC第1次ラウンドでは、対戦カードによって売買価格はバラバラだ。 マイアミで3月9日から開催される第1次ラウンドのプールCで戦うのは、カナダ、米国、コロンビア、ドミニカ共和国の4チーム。ここでも、チケットはパッケージ販売されていて、6試合全て観戦できるもの、国別に購入する3試合パックがあり、いずれも、オリジナル価格は共通で、最も安い外野席が1試合あたり10ドル(約1150円)、最も高い席が内野席で1試合あたり35ドル(約4000円)。

 バックネット真後ろの席は公式ホームページからは購入できないが、チケット売買サイトのスタブハブでは、取引されていて、3月10日のコロンビア対米国は12ドル(約1400円)から、バックネット裏の299(3万4000円)ドルまで。3月11日の米国対ドミニカ共和国は50ドル(約5800円)からで、ブルペン後方の席が最高額の988ドル(約11万円)となっている。

 米国と前回大会優勝のドミニカ共和国という期待の好カードでは、定価を大きく上回っているが、その他のカードは転売市場で値が上がっているというわけでもないようだ。
 
 メジャーリーグ公式ホームページでは昨年末からトップ扱いでWBCのチケット購入キャンペーンを展開している。にもかかわらず、オープン戦の人気カードと比べると苦戦していることがうかがえる。
 
 2013年の前回大会の決勝は、サンフランシスコのAT&Tパークでドミニカ共和国とプエルトリコの間で争われ、ドミニカが初優勝したが、観客は35,703人で、満員御礼とはいかなかった。

 もし今大会も興行的に成功を収められない場合は、大会そのものが消滅する可能性もとりただされている。

 2006年から「野球の世界一決定戦」と銘打たれてスタートしたWBCは、メジャーリーグ機構とメジャーリーグ選手会が一緒になって立ち上がったイベントで、メジャーの国際化に伴いマーケットの拡大が目的とされていた。大会は、各国から集められたスポンサー料、放映権料、ロイヤルティーなどで運営され、収益はWBCの大会運営会社に一括で管理され各チームへ再分配されてきたが、その利益分配のパーセンテージを巡って紛糾。しかも、第1回、2回の優勝は日本で、第3回はドミニカ共和国が優勝するなど、アメリカが過去一度も決勝進出ができていないことも手伝ってアメリカでの観客動員、視聴率なども振るわず、大物メジャーリーガーの参戦が少なくて米国でのファンの関心も高くなかった。今大会もファンの関心が増え、収益が上がらない場合、次大会はもう打ち切りになる可能性が大きくなっているという。

 果たしてスケジュールを大きく変更、決勝ラウンドでの選手入れ替えを可能にするなど、大物参加を可能にするように配慮された今大会では、米国の野球ファンをどれほど引き寄せることができるのか。このままでは、WBCは人気球団のオープン戦に及ばないという最悪の事態に陥りそうだ。

 ちなみに日本で行われるプールBの1次リーグのチケット定価は、開幕の日本対キューバ戦は、最も高価なダイヤモンドボックスが35000円、ネット裏のS指定が16000円、一番安いC指定で4000円となっている(立ち見は2000円)。プロ野球のレギュラーシーズンに比べて高額設定だが、初動の売れ行きは順調だという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000002-wordleafs-base&p=2


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484968696

杉浦よ目覚めろ! 紺野あさ美アナと結婚も2軍スタート決定

1 名前:せふぇかφ ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 06:15:22.51 ID:CAP_USER9.net

ヤクルト・杉浦稔大投手(24)の宮崎・西都市での2軍キャンプスタートが20日、判明した。元日にテレビ東京の紺野あさ美アナウンサーと結婚した右腕に真中満監督(46)は「期待する選手。はい上がってきてほしい」と鼓舞した。

 目を覚ませ!前日に発表された今季のスローガンを、まさに突きつけるようだった。2013年度ドラフト1位で入団。即戦力として期待されたが右肘のけがの影響もあり、3年間でわずか6勝。背番号も18から58に変更された。

 杉浦の今季に懸ける思いは強い。マリナーズ・岩隈に弟子入りを志願し、年明けは米国で初の合同自主トレを敢行。生涯の伴侶を得て、並々ならぬ決意で挑む4年目右腕に首脳陣は奮起を促す。

 伊藤投手コーチは「スタミナが足りないし故障がち。フィジカル、メンタル面をクリアしないと1軍では無理」と愛のムチを打った。新婚右腕が現状打破し、スローガンを体現していく。

http://www.daily.co.jp/baseball/2017/01/21/0009847663.shtml


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484946922

ダルビッシュ、WBC不参加を正式表明「(手術後)リスクが大きすぎる」

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 11:27:56.43 ID:CAP_USER9.net

米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)が20日(日本時間21日)、3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の不参加を表明した。ダラスで行われた球団イベントに出席した同投手が通訳を介して明言した、と地元メディアがツイッターで一斉に伝えた。

 地元局、WFAAのマイク・レスリー氏は自身のツイッターで「ダルビッシュ有はWBCに参加しないと言った。TJ手術(トミー・ジョン手術=右肘じん帯再建手術)後は『リスクが大きすぎる』と」と、不参加の理由が15年3月に受けた右肘手術であることを本人のコメントとともに伝えた。さらに「『それにオファーがなかった』とジョークを飛ばした」ともつぶやいた。

 ダラスモーニングニューズ紙のゲリー・フレイリー記者は、同投手の談話として「(今季終了後の)フリーエージェントについては心配していない。それよりもTJ手術から2年後にしっかりとしたパフォーマンスができるかが心配」と伝えた。

 ダルビッシュのWBC参加に関しては、昨年12月にレンジャーズのダニエルズGMが容認しない発言をしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000025-dal-spo


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484965676

中日:とにかく暗いドラゴンズ、久本打撃投手が苦言「カープと全然違う」

1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 07:59:15.94 ID:CAP_USER9.net

スポーツ報知 1/21(土) 6:05配信

 中日の久本祐一打撃投手(37)が20日、5年ぶりに復帰した古巣に「とにかく暗い。カープと全然違う」と苦言。
昨季まで選手として所属した広島のようなネアカ軍団に変わらせることを誓った。

 ナゴヤ球場での合同自主トレでは、練習後に新人選手が自己紹介を兼ねてファンにあいさつしている。
この日、久本が「笑いを取れ!」と言って送り出したのがドラフト4位左腕・笠原=新潟医療福祉大=だった。
しかし、まじめなあいさつだけで退散。久本はイラ立った表情でルーキーからマイクを奪い取り
「裏方として帰ってきた久本です。チームを何とか明るくしていきたい」と声を張り上げて、喝采を浴びた。

 4年間在籍したカープで、中日とのチームカラーの違いを肌で感じた。このオフも静岡市で広島・菊池らと自主トレ。
現地では鯉党の芸人「ザ・ギース」尾関らが“前座”としてコントをして、訪れたファンを喜ばせていたという。
「広島はファンの力で勝たせてもらった部分もある。飽きさせない工夫をしている」と、オフでもファン目線の
サービスが充実していることを強調。ファンとの一体感が、昨季優勝の一因と力説した。

 自身が在籍した02~12年を含めて、中日に足りないのが“ファン・ファースト”の意識だと話す。
「(お立ち台などで)きれい事ばっかり言っても仕方ない。ファンはロッカールームでの会話に近い話を聞きたいと思う」。
さらに「(広島などと違って)球団事務所が本拠地に隣接していない。ファンの声が届きにくい。こっちも
球団職員の顔が分からない」と自軍の構造的欠陥も指摘。“とにかく明るいドラゴンズ”への変身が、チーム強化に
つながると信じている。(田中 昌宏)

 ◆中日は暗い? 04~11年に指揮を執った落合監督は「勝利が最大のファンサービス」と公言し、
ファンとの触れ合いよりもグラウンドでの戦いに集中。15年に平田、亀沢らが得点時にテレビカメラに向かって
ポーズを取るパフォーマンスを行っていたが、当時の首脳陣から「チーム状況(同年は5位)を分かってくれ」と
禁止された。元ソフトバンクの亀沢は昨年11月の契約更改後に「(中日は)暗いチームと言われる。野球は
楽しんでやらないと」とパフォーマンス復活を宣言した。

 ◆久本 祐一(ひさもと・ゆういち)1979年3月14日、大阪・大東市生まれ。37歳。柏原高
(現東大阪大柏原高)、亜大、河合楽器を経て2001年ドラフト4位で中日入り。03年に51試合に
登板するなど、主に中継ぎで活躍。12年オフに戦力外となり広島に移籍。左肘手術後のリハビリのため、
15年は育成選手。16年に支配下選手に復帰したが、シーズン後に現役を引退。通算248試合で
12勝8敗3セーブ10ホールド、防御率3・38。177センチ、83キロ。左投左打。既婚。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000290-sph-base


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484953155

DeNAのサイト問題はベイスターズの身売り危機に発展しないのか? 中核のゲーム事業不調等で本社の経営先細り…

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 23:06:10.31 ID:CAP_USER9.net

横浜DeNAベイスターズの2017年は、さらなる飛躍の年になるのだろうか。ラミレス監督が、早々と5人のレギュラー確定を明言、FAで巨人に移籍した山口俊の穴をどう埋めるのかの課題は残っているが、今季構想の青写真は示した。そして飛躍の鍵を握るひとつは、新たに球団社長に就任した岡村信悟氏(46)の手腕だろう。

 横浜DeNAは経営に乗り出したこの5年、革新的なマーケティングで観客動員を約194万人まで増やし、球団経営上、長年の重石だった横浜スタジアムのTOBに成功、球団、球場の一体化経営が可能になったことで収益構造が劇的に良化した。独自のクラフトビールの場内販売などを試みて約5億円を売り上げるなどDeNA本社の中間決算ではスポーツ事業(ベイスターズがメイン)が黒字化することが発表された。だが、そのリーダーだった池田純・前社長がシーズン終了と同時に会社を離れて岡村氏が新社長に就任した。東大出の元総務省の官僚からの転職組。この人も異色の新リーダーである。

 さっそく2冠の筒香嘉智の年俸を3倍の3億円にするなど新路線を打ち出しているが、筒香自身が、「満員のお客さんに後押しされた」と断言するほど、チームの勢いを支えているビジネスの成功が継続することが2017年飛躍の条件かもしれない。

岡村新社長は何をどうしたいのか。疑問をぶつけてみた。

――まず例の問題を。本社であるDeNAが運営するキュレーションサイトの不適切な運用、いわゆるまとめサイトの無断引用が社会問題化して、WELQなどのサイトを閉鎖しました。南場オーナー(会長)、守安社長らが謝罪会見を行いましたが、不安なのはDeNAの社会的信用の失墜問題が、ベイスターズへ波及しないかという点です。

「本社が世間をお騒がせたことをお詫びしなければなりません。本社とベイスターズは切っても切れない縁であり、(本社のミスが)まったく関係ないということはありません。せっかく応援をしていただいているのに、そういう気持ちに水をさしました。ファンの方々も残念ですよね。今後の私たちの仕事への取り組み、姿勢でお返しするしかありません。ベイスターズは公共財として地域から預かっているのです。そのファン、地域の方々に不安や不信を与えてしまいました。そこを自覚しなければなりません」

――これは南場オーナーに聞くべき質問かもしれませんが、本社の中核を担っていたゲーム事業が不調で次なる新規事業を模索する過程で目をつけたキュレーションサイト事業が失敗。この先、本社の経営が先細りとなってベイスターズに、また身売りがおきないの? 本当に大丈夫なの? という不安もあります。

「大丈夫か、大丈夫じゃないかの予測はコンロトール可能なものではありません。また、そのことに対して私はとやかく言う立場にはありません。全体の方針に従うだけですし、事業の種類がまるで違うものです。ベイスターズと横浜スタジアムは地域にとっての公共財であり、ソフトインフラみたいなものなんです」

――というと?

「短期的な収益にこだわるのではなく、持続的な発展が大切です。チームと地域の間に交流する磁場、エネルギーを作ることができれば、自然と持続的に発展します。会社として経営が成り立つのです」

ー―経営権を得て5年で岡村さんが社長に指名された理由はなんでしょう?

「球団が第2段階に入ったと思っています。5年前にDeNAがチームを持つまでは、お客さんが来ずチームも低迷していました。98年の優勝の盛り上がりを見るまでもなく、本来、チームにも球場にもポテンシャルはありましたが、ファン、地域との間でパイプの目詰まりを起こしていたんです。でも、この5年間でたくさんの方々にハマスタに足を運んでいただき、新たな価値を見つけていただき地域への愛着が生まれてきています。
 今、横浜という地域がベイスターズを再発見してくれているのではないでしょうか。それをさらに見せていこうというのが次のステージです。象徴的に4年後には五輪も行われます。興行で成果を出すだけでなく地域の方々に耳を傾けながら神奈川県、横浜という街全体で創造できることにコミットして着実な一歩を進めることが重要です。そして、チームがもっと強くなり結果として優勝すれば、さらに盛り上がります。そこが第二段階です」

――チームも第二段階に?

「若手を育ててきました。筒香の2冠、若い投手の活躍で、まだナンバーワンではないですが、万年Bクラスのチームではなく、ファンの方々をドキドキさせ“次勝てるのでは”“序盤に点を取られても返せるのでは”と期待されるチームにはなりました。達成感と“まだまだ”という悔しさも味わいましたが、ラミレス監督がチームを支え、それを健全な事業基盤で、私たちが支える、という両輪が5年でできたと思います」

2 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 23:06:36.98 ID:CAP_USER9.net

ーー球団代表に三原さんが就任しましたが、社長の仕事からチームのマネジメント業務は切り離したということでしょうか? 

「いえ、責任は私がとります。横浜スタジアムも。役割分担としてチームを三原と高田GMに見てもらいますが、それを支える事業基盤は、私がスタジアムと連携とりながら見ていくということです。事務方としてラミレス監督を支えます。
 スポーツの勝ち負けは計算ができません。持続的に常に一定の強さを持つチームにするには、どうすればいいのかという課題はあります。少なくとも計算できる強さ、組織としての強さを作りだす循環ですね。そこへの関心は強いです。弁証法的に発展していかねばなりません。ただ、専門でもない私が、そこへ直接コミットして口を出すことはありません。ただ、コンテンツ屋としてコンテンツの中身はわかっていないとダメでしょう。そして、人々の期待や多大な関心はチームにあります。だからチーム強くしたいんです」

ーーどう強く?

「当然、勝負の綾もあります。主力の怪我など計算できない要因も出てくるでしょう。ベースをしっかりと固めて中長期で計算、想定ができるようにしたい。多少の波は出てくるでしょうが、選手の厚みを増していけば、好循環で右肩上がりになり、優勝を狙えるチームに変わると言えます」

ーーDeNAが買収して球団の文化が変わりました。様々なチャレンジで眠っていたファンが目を覚まし、チームもファンに刺激を受けました。それを池田前社長が強引に引っ張ったという側面もありました。岡村社長になってどうなるか?という疑問があります。

「そこは重要な点です。私はコーポレートアイデンティティである“継承と革新”という言葉を使っています。チームをこういう雰囲気、ブランドにしたいという発信力を、たゆまぬ努力でより磨くことでしょう。そして、それを実現できる組織の分厚さをも作っていきたいんです。ただ組織に完成形はなく、永久にやることはあります。微調整は必要かと。個人のリーダーシップで叱咤激励して、あれこれしなさい、ということも重要かもしれないが、私のリーダーシップは、そうではありません。DeNAに5年、スタジアムは40年で蓄積されている力があります。選手も地域にも力があります。それらが自発的に発揮して欲しいし、それが会社の文化です」

ーー契約更改では、大判振る舞いでした。

「強いチームになり、お客さんが増え選手を支える経済基盤がしっかりとすると選手へのインセンティブは増し、選手もやる気が出ます。選手への還元がファンへの還元にもなります。しかし、それだけではありません。選手の居心地のいいチームである必要があります。引退した三浦大輔選手が、その典型です。お金だけじゃなく、それを含めた環境作りを行い、このチームでやっていたいと選手に思ってもらうこと。それができれば自分たちのチームになります。それがベイスターズらしい特色になります」

ーーFAで巨人へ移籍した山口俊投手は居心地が悪くてチーム愛を持てなかったんですか? 

「それは本人に聞かないことにはわかりませんが、FAは選手としての権利であり、今回はそれを行使し、将来を考えたときに選択肢の中から、こういう結果になったのでしょう」

――筒香の将来的なポスティング移籍を認める発言をされたようですが?

「実際は、そう言ってはいません。ただ、彼が今後、そういう話題が出てくるくらいずっと勢いがあることがチームにとって望ましい。プロ野球は年俸面での処遇を含めて夢を与える商売です。もちろんチーム愛を持っていて欲しいし、三浦選手のように、ずっとベイスターズの象徴としてプレーしてもらいたいと願うのは当然ですよね。」

https://thepage.jp/detail/20170111-00000005-wordleafs?page=3


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484834770

野球界は一つにまとまる必要がある 日本は「世界中で数えるほどしかない野球が盛んな国の代表格」 だからこそ…

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 16:53:40.59 ID:CAP_USER9.net

楽天球団副会長の星野仙一さんが、野球殿堂入りされた。お祝いのメールを送ると、「野球界が一つにまとまらないと、近い将来、大変なことになる」と返信をいただいた。殿堂入り会見の際にも口にされていた野球界への危機感。本当にその通りだと思う。

 昨年、プロ側の日本野球機構とアマ側の全日本野球協会が協力し、野球の普及・振興を中心とした将来を見据えた活動を行う日本野球協議会を発足させた。一昔前と違って、現在はプロ経験者でも学生野球資格を回復すれば高校生や大学生を指導できる。以前に比べ、プロとアマの関係は大きく改善されたと思うが、一つにまとまるのは簡単なようにみえて難しい。

 理想の形はサッカーのように、プロもアマもすべての団体が傘下に入る一つの組織ではないだろうか。プロに限れば、米大リーグのようにコミッショナーの権限を強くして、ぐいぐい引っ張っていってほしい。個人的には、ワールド・ベースボール・クラシック代表はプロ、五輪代表は社会人や大学生の大きな目標になるように、アマでいいと思っている。何でもプロではなく、まず話し合いの場がほしい。

 日本ではいつまでも野球が一、二を争う人気スポーツというのは、誤った認識だ。サッカーに比べて、多くの道具と広いスペースが必要で、ルールは複雑。一から始めるには大変なスポーツだと思う。

 “野球離れ”や少子化によって、競技人口は確実に減少している。日本は、世界中で数えるほどしかない野球が盛んな国の代表格。だからこそ、組織が一つにまとまって対策を練る必要がある。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170120/npb17012008000003-n1.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484898820
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ