ヘッドライン

【テレビ】井戸田潤 初対面の人と仲良くなるコツ 草野球でも実践「セカンドの人と古着屋行きました」

1 名前:爆笑ゴリラ ★:2021/02/26(金) 08:36:38.85 ID:CAP_USER9.net
2/26(金) 7:59配信
スポニチアネックス

井戸田潤

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤(48)が25日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。初対面の人と仲良くなった驚きのエピソードを明かした。

 この日は、顔出しなしの話題のシンガーソングライター・りりあが電話出演。りりあからレギュラー陣に対して「これを言ったら初めての人仲良くなれるという言葉とか秘けつを」との相談が持ちかけられた。

 番組MCのお笑いコンビ「バナナマン」設楽統(47)は「どんな人かにもよりますけど、いきなり『お前、変な顔だな』って言っちゃうと意外とそこから(話は広がる)。いきなり懐に入っちゃうと、そのあと楽」。「オアシズ」の大久保佳代子(49)は「自分が弱みを見せたほうがいい。分からないけど、『きょう、朝から下痢が止まらなくてさ』とか。弱みを見せると心を開いてくれる」とそれぞれアイデアを出した。

 一方、井戸田は「持ち物とかその人が持っているもので、一番華やかに見えるものって、自慢したいとか、褒めてもらいたいものだと思う。『それ、どこのですか?』とか話を持っていくと、最終的に(一緒に)どこか行けますよ」と提案。「草野球で、盗塁してセカンドの人とジーンズの話をした」とエピソードを披露した。

 設楽も「この人、すごいの。草野球で塁に出たら、ファースト、セカンド、サードと全部仲良くなって、最終的に帰ってきたら、『服買いに行くことになりました』って(言っていた)」と補足。井戸田は「そう、セカンドの人と古着屋行きましたもん」と笑顔を見せた。

 さらに設楽は「相手の言ったことをただくり返すっていうのが一番簡単。キャッチボールっぽく、言った言葉を(くり返す)。感情を入れちゃうっていう」と助言も。さまざまなアドバイスにりりあが「全部実際にやってみます」と応じると、井戸田はすかさず「下痢と変な顔をやめたほうがいい」と忠告していた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210226-00000113-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6523d8167d4dc4f33ccbd4e9d97dd4e9dbc70c1


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614296198

【野球】巨人 中島宏之 通算2000安打まで残り150本 「なんせ試合に出たい」

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2021/02/26(金) 15:44:15.01 ID:CAP_USER9.net
 巨人の中島宏之内野手(38)が26日、今季に懸ける思いを語った。通算2000安打まで残り150本としているが、「あまり、そういうの気にしてやっていない」とキッパリ。「なんせ試合に出たいという感じでやっているから。終わった時に減っているのか楽しみにしています」と笑った。

 このオフは「オンとオフをちょっとつけて体全体に刺激が入るようにトレーニングしたり走ったり、素振りを思い付いたらバット振ってみたり。時間見つけてやりました」。野手最年長が、今季も全力プレーを約束した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0a76f5c91c745d22b573826831ae1b0e67df6df
2/26(金) 15:04配信

https://npb.jp/bis/players/01005113.html
成績

;t=53s
2012.08.17 西武 中島裕之 応援歌


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614321855

甲子園3回出場の「松山聖陵」、野球部監督が部員にコンクリの上で「顔面ヘッスラ」体罰

1 名前:幻の右 ★:2021/02/23(火) 12:50:40.78 ID:CAP_USER9.net
監督は継続!?

朝日、読売などの全国紙やスポーツ紙は昨年9月、松山聖陵高校の野球部監督が“不適切指導”を行っていたと報じた。部員に体罰を加えていたのだ。

 ***

 ことの始まりは、地元紙・愛媛新聞のスクープ記事だった。9月17日の朝刊で、「松山聖陵高 野球部監督 不適切指導 『自分の顔たたけ』指示」との記事が掲載された。内容は、次の通りだ。

◆野球部の男性監督(39)が、練習で怠慢プレーが見られたとして、監督が部員4人に「自分の頬をたたいておけ」「頭をたたけ」「壁に頭をぶつけておけ」などと指示したという。

◆外部から情報を受けた県高野連の要請で、8月下旬に調査を開始。9月上旬に報告書を提出した。

 監督が自ら暴力をふるうのではなく、いわば“自分で自分に体罰を加える”ように強要するというやり口が目を引く。

 また、愛媛県の高野連に《外部から情報》がもたらされたこと、体罰の被害者が4人だったことも明らかにされている。

 監督には処分が下った。10月17日、愛媛新聞は「松山聖陵高 野球部監督 謹慎7ヵ月 日本学生協会 不適切指導を認定」との記事を掲載した。(末尾:註1)

《日本学生野球協会は16日、審査室会議を開き、不適切指導や体罰があったとして監督を8月30日から来年3月29日まで7カ月の謹慎とする処分を決めた》

甲子園で優勝
 各紙は実名を控えたが、体罰を加えたのは同校の荷川取秀明監督だ。甲子園ファンや沖縄県民なら、1999年に春のセンバツで、沖縄尚学高校が優勝を果たした時のことを思い出したかもしれない。

 荷川取監督は沖縄県出身。沖縄尚学では1番・サードだった。優勝した際、朝日新聞には《勝ち進むうちに自分に自信が持てた。楽しかった》とのコメントが掲載されている(末尾:註2)

 各種資料によると、荷川取監督は高校卒業後、筑波大学に進み、松山聖陵高校に教諭として勤務。野球部の監督に就任すると、春2回、夏1回、同校を甲子園出場に導いた。更に昨夏の愛媛大会でも優勝を果たした。

 優れた実績なのは言うまでもなく、全国的に注目を集める若手監督と形容しても過言ではないだろう。

 実は、荷川取監督が野球部員に体罰を加え、処分されたのは今回で2回目だ。

 前出の愛媛新聞は《監督は昨年(註:2019年)2月、部員への暴力などを理由に同協会から2カ月の謹慎処分を受けている》と記している。

意外な情報提供者
 最初の処分は、センバツの出場校だったこともあり、実名で報じられた。共同通信が19年2月1日に配信した「選抜高校野球、2校の監督が謹慎 春日部共栄と松山聖陵」から引用させていただく。

《松山聖陵の荷川取秀明監督は報告義務違反を含めて3月25日まで2カ月の謹慎となった。部員の生活指導をする中で、顔をつかんで壁に押しつけた行為が動画で撮影されており、選抜出場決定後にインターネットで流布されて発覚した》

 荷川取監督は19年に《顔をつかんで壁に押しつけ》たとして謹慎処分が下り、20年にも《自分の頬をたたいておけ》などと強要して再び謹慎処分となったのだ。

 果たして荷川取監督は最初の処分で真摯に反省したのだろうか。2回目に直接的な暴力をふるわなかったのは、問題化を怖れ、やり口を変えたのではないか──こんな疑問が浮かんでくる。

 そこで松山聖陵高校の関係者に取材してみると、新聞報道より遥かに深刻な体罰の実態が明らかになった。

「愛媛県の高野連に情報提供を行ったのは、他高の関係者でもなければ、野球部の保護者でもありません。2年生の野球部員が話し合って実行したのです」

普段は温厚
 荷川取監督の体罰があまりに酷く、とうとう耐えきれなくなったというのだ。10代の少年には並外れた勇気が必要な行動だろうが、関係者によると、いきなり県高野連に情報提供を行ったわけではないという。

「最初、2年生の部員は学校側に体罰強要や暴言などの問題を相談したのですが、その内容が監督に筒抜けになってしまったのです。監督は激昂し、2年生に向かって『文句があるなら自分に言え。自分に言ったら退部だ』と言い放ちました。これで部員は八方塞がりになってしまい、更に話し合いを続けました」

 そこで、ある部員から「高野連に助けてもらおう」との提案があった。賛成する部員、反対する部員、「どうでもいい」という部員など、反応は様々だったという。

(後略)

デイリー新潮 2/19(金) 5:58
https://news.yahoo.co.jp/articles/54f7ab0c212857cd5570bcb387e119457f86a62f


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614052240

【野球】中日・根尾に「ここまでやるとは…」の声 平田、周平をしのぐ “成長力” で遊撃争い激戦化

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2021/02/26(金) 08:12:47.38 ID:CAP_USER9.net
中日・根尾昂内野手(20)が、京田陽太内野手(26)との遊撃レギュラー争いにしぶとく生き残っている。

 2年目の昨季はプロ初安打を含む2安打。外野にも挑戦し、一軍で9試合に出場したが、本人はこの成績では納得できず、今キャンプでは入団以来こだわっている遊撃1本で勝負することを宣言した。25日の巨人戦(那覇)では「9番・遊撃」で先発出場すると、5回に同点の右前適時打を放ち、ここまで対外試合に7試合で22打数7安打で打率3割1分8厘と結果を残し続けている。

 この日は京田も「2番・DH」で先発出場すると、第1打席で三塁打を放ち、対外試合8打席目で初安打が出た。ライバル同士での出場に意識したかについて根尾は「特に意識することはなかった」と言いつつも「京田さんはレギュラーなので。自分は挑戦者。打順も僕は9番でしたし、京田さんはシーズン同様に2番に入っていたので」。

 それでも周囲はここまで根尾の大健闘に舌を巻く。入団以来、4年間にわたって遊撃レギュラーの座を張ってきた京田が相手では、高卒3年目の根尾では厳しいのではとみる声が少なくなかったからだ。

 球団関係者は「チームの主力として100試合以上出るようになったのは大阪桐蔭の先輩の平田は6年、(高橋)周平だって7年もかかった。正直、3年目の根尾がここまでやるとは思っていなかった。京田もウカウカしていると根尾に遊撃を取られてしまう可能性もあるかも」と指摘する。

 実際、与田監督はキャンプ前に遊撃で勝負させる根尾について「もしも力が及ばなければ、これは本人もプロとしての判断を自分がしないといけない。外野で一軍で出るための準備を本人が腹から思えるようになれば今年は違う」と発言していた。

 26日は沖縄キャンプ打ち上げ。根尾は「開幕一軍レギュラーでショートに入っていることが目標なので。結果も内容も両方、求めながらこれからもやっていきたい」。京田か根尾かどちらに遊撃争いの軍配が上がるのか、まだまだ目が離せない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29e575aeedb860b50bb210d1ebeaaec75473bd39
2/26(金) 5:15配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614294767

【野球】ダイエー小久保裕紀 巨人に無償トレードの真相

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2021/02/26(金) 08:49:39.70 ID:CAP_USER9.net

【小久保裕紀】無償トレードの真相

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/11/01/jpeg/G20091101Z00002890_view.jpg
https://www.nishinippon.co.jp/uploads/image/80837/middle_9c66c639d1.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DNzUckbVQAA7pZY.jpg
https://cdn.findfriends.jp/img.sp.baseball/show_img.php
https://image.middle-edge.jp/medium/4a0a8a71-f365-4b28-a670-b575b1094739.jpg
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614296979

【野球】元中日・平野謙がYouTuberに!「“番長”清原和博」を一喝していた現役時代秘話

1 名前:爆笑ゴリラ ★:2021/02/26(金) 04:45:47.74 ID:CAP_USER9.net
2/25(木) 20:10配信
SmartFLASH

現役生活16年で、5つの背番号を背負った平野。とくに思い入れが深いのは、中日時代の「57」と西武時代の「24」

 プロ野球のレジェンドOBたちが、軒並みYouTubeを始めている。当時の裏話をバンバン知ることができて、ファンにはたまらない時代だ。2020年12月にYouTubeデビューした平野謙(65・中日、西武、ロッテ)も、40~50代のプロ野球ファンにとっては、間違いなくレジェンドの一人だ。

 平野は1981年に一軍デビューし、1996年に現役引退するまで、盗塁王1回(1986年)、ベストナイン1回(1988年)、ゴールデングラブ賞9回(1982、1985、1986、1988~1993)と、輝かしい記録を残した。また、バントの名手としても知られ、1988年に巨人の川相昌弘に抜かれるまで「通算451犠打」はプロ野球記録であった。

 そんなレジェンドの平野だが、『平野謙の野球道チャンネル』の登録者数は410人(2月24日現在)と、「何かの間違いでは?」と思えるほど寂しい数字……。平野がYouTubeを始めたことを、ファンが知らないだけに違いない! ということで、小さいころから大のドラゴンズファンである記者が、本人を直撃した!

「YouTubeを始めたのは、動画撮影を担当してくれている方から誘われたのが、きっかけです。ただ、僕はアナログな人間なので、その手のことにまったく疎くて、ほぼほぼ丸投げでお願いしています。

 ほかのプロ野球OBたちのYouTube? あんまり観たことないんだよね(笑)。チャンネル登録者数っていうのは、なんなの?」

 かなりの “IT音痴” ぶりをみせる平野。さらに、驚きの発言が続く。

「パソコンでわかるのは、電源の入れ方くらい。現役引退後、ヒルマン監督のもとで日本ハムのコーチやってたときに、1人1台パソコンを与えられたんだけど、僕のパソコンは最後までずっと眠ってました。あれをしっかり使えていれば、あと1~2年コーチをやれたかもしれない(笑)」

 現役時代、気さくな人柄で後輩に慕われただけあって、饒舌に語る平野。中日時代の彼のテーマソングは「狼少年ケン」だったが、こんな裏話を聞かせてくれた。

「よく応援団に言われたのは、『テーマソングをかけるから、ちょっと打つのを待ってくれ』と。とにかく僕は初球から、どんどん打つほうやったから、音楽をかけようとすると打っちゃう。そうすると音楽がなかなか長く続かないから、『ちょっと長めに、ボールを見る打席も作ってくれませんか?』って言われたことがあるよ」

 現役時代の趣味は、麻雀だったという。

「よく一緒に卓を囲んだのは、ドラゴンズでは(小松)辰雄、(都)裕次郎、大河原栄さん。西武時代は兄やん(松沼博久)、高山(郁夫)とか、なんかピッチャーが多かったな。野手だと、大洋から来た村岡(耕一)とかね。酒があまり強くなかったから、お酒を飲みに行くよりも、麻雀してるほうがよかったんだよね。

 酒っていえば、中日時代に僕がよくツルんで遊んでた杉本(正)。スギはもう俺よりひどくて、名古屋で飲みに行っても、スギのキープしてるボトルの中はカルピスだったから。いかにもなっていうボトルなんだけど、中身はカルピスっていう(笑)。周りは飲めない人間ばっかりだったね。中尾(孝義)なんか、まったく飲めないし」

 1980年代前半の中日は「野武士軍団」と呼ばれ、酒豪揃いのイメージだったが、そうでもなかったようだ。

「中尾は僕と歳が一緒で、宮崎の串間のキャンプでも一緒の部屋だったんですよ。2人で『今日は飲むぞ!』なんて言って、ビールの小瓶を半分ずつ分けるんだけど、それが飲み干せなくて、2人とも寝ちゃうっていう。27歳ぐらいのときかな」

 平野にとっては中日最後のシーズンとなった、1987年。1対4の交換トレードという、プロ野球史上に残る「世紀のトレード」で移籍してきた落合博満との思い出も聞いた。

「落合さんはロッカーが隣同士だったから、いろんな話をさせてもらいました。落合さんが移籍してくる前は、ほんの数日間、野手では僕がいちばん年俸が上だったんだよね。『平野が一番』ってなった瞬間に、億の方が来られたっていう(苦笑)。
>>2続く
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210225-00010011-flash-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/24967235b94b4c6551a47f99c481c4ea9c121775


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614282347

【野球】清原和博氏、伝説の“一塁号泣”の真相を明かす 嬉し涙では無かった? まさかの原因に東尾元監督も驚愕

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2021/02/26(金) 08:37:47.56 ID:CAP_USER9.net
 元西武・清原和博氏が24日、自身の公式ユーチューブチャンネルに動画を投稿。現役時代に出場した日本シリーズで号泣した真相を明かした。

 今回の動画で清原氏は元西武監督・東尾修氏をゲストに迎え、西武時代のグラウンド内外での思い出をテーマにトーク。その中で、1987年日シリ第6戦・西武対巨人戦で試合中に号泣した理由を語った。

 同戦に「4番・一塁」で先発した当時プロ2年目・20歳の清原氏は、「3-1」と西武2点リードで迎えた9回裏、マウンド上の工藤公康(現ソフトバンク監督)が2アウト目を取った直後に一塁の守備位置で突然号泣。直後に二塁手・辻発彦(現西武監督)から肩をたたかれ励まされながらも涙を流し続ける姿は、現役時代の清原氏を代表するシーンの一つとして広く知られている。

 当時の報道では、日本シリーズ2連覇(前年は広島に勝利)が目前に迫る喜びによるものではとの見方もされていたこのシーン。ただ、清原氏によるとそうではなく、「(あの時は)ファーストからバッターを越え(て巨人ベンチを見)ると、王さん(当時の巨人・王貞治監督/現ソフトバンク球団会長)の姿が見えた。それで(1985年ドラフトで巨人が)桑田(真澄/現巨人投手チーフコーチ補佐)を指名した時に、王さんがテーブルで笑ってた顔を思い出した」からだという。

 プロ入り前にPL学園高校で活躍した清原氏は巨人入りを熱望していたが、1985年ドラフトで巨人は当初1位指名すると伝えられていた清原氏ではなく、同じ高校で早稲田大学への進学を表明していた桑田を1位で強行指名。ドラフト中継では巨人に指名されなかった失意と悔しさで涙を流す清原氏の姿も映し出されたが、同戦で王監督を見た時に当時の思いが蘇ってきたという。

 また、清原氏によると同年のドラフト後には「母親が王さんの(写真の)切り抜きを持ってきて、『これ見て毎日腕立て伏せしろ!』って(言われた)」ということもあったとのこと。

母親の言いつけを守り王監督の写真を見ながら日々腕立て伏せをし、ドラフトで味わった悔しさを忘れないようにしていたことも感情があふれ出た一因だったという。

 「(今振り返ると)あれはちょっと恥ずかしいですね」と言いつつも号泣の真相を明かした清原氏。一連の話を聞いていた東尾氏も、「はあ~それは初めて聞いた」と驚いた様子を見せていた。
 両名は動画で東尾氏が監督時代に起こした事件や今季の注目選手についても話している。

 今回の動画を受け、ネット上には「そんな理由だったのか、前年の日本一の時は特に泣いてなかったからあの時はビックリしたのを覚えてる」、「巨人や王さんに対する恨み、悔しさが理由だったとは…」、「桑田指名直後の王さんが笑ってたっていうのは確かパンチョ伊東(伊東一雄さん/同年ドラフト会議の司会)も言ってたな」、「王さんの写真見ながら体を鍛えてたのは初耳」といった反応が多数寄せられている。

 同戦に勝利し日本一が決まった後も、歓喜の輪の中で涙を流し続けていた清原氏。“打倒巨人”にかける思いは、周囲が計り知れないほど強かったのかもしれない。

文 / 柴田雅人



;t=14s

【昭和62年】西武 vs 巨人【日本シリーズ第6戦】

記事内の引用について
清原和博氏の公式ユーチューブチャンネルより


https://dailynewsonline.jp/article/2651160/
2021.02.25 19:30 リアルライブ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614296267

【野球】日本ハム・栗山監督 清宮無安打に喝「20は文句言いたい」4打数0安打2三振

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2021/02/26(金) 07:58:01.15 ID:CAP_USER9.net
 「日本ハム紅白戦、白組0-5紅組」(25日、タピックスタジアム名護)

 日本ハムの栗山英樹監督(59)が紅白戦で見せ場のなかった清宮に喝を入れた。今年初めて実戦で「4番」に座ったが、4打数無安打2三振と振るわず。「気になることが多すぎる。たったあれだけの打席なのに20は文句を言いたいね」と怒り心頭だった。

 指揮官が求めるのは結果より打席での姿勢だ。初回、三回と育成2年目右腕・長谷川から三振を喫すると、その後も力のないスイングが目立った。「結果が悪くてもいい。ホームランを打てと言っている訳じゃない。必死に粘る姿、ボールに食らいつく姿、何とかしようとする姿が大事」と厳しく指摘した。

 もちろん清宮自身も悔しさは感じている。現在は理想のスイングを模索している最中だが、この日は「思うようなスイングができていなかった」と反省。キャンプでの残り2試合の実戦に向け、「今日みたいな試合はしたくない。打って打って打ちまくるしかない」と気迫を前面に押し出しながら、結果もたたき出していく。

https://news.yahoo.co.jp/articles/abcdd69781b2402178c2c365daf6a91581545224
2/26(金) 7:30配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614293881

【野球】中日 根尾、また打った! 「9番・ショート」で先発、同点打&勝ち越しホーム 京田との勝負で猛アピール

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2021/02/25(木) 18:00:45.88 ID:CAP_USER9.net
◇25日 練習試合 巨人4―3中日(セルラースタジアム那覇)

 「9番・ショート」でスタメン起用された中日の根尾昂内野手(20)が同点タイムリーでアピールした。

 1点を追う5回、二塁打の郡司を二塁に置き、巨人の3年目左腕の高橋優貴からライト前ヒット。郡司を迎え入れ、その間にすかさず二進。続く岡林のレフト前ヒットで、この時点で勝ち越しとなるホームを踏んだ。

 京田への勝負を公言して挑んでいるこのキャンプ。「2番DH」でスタメンとなったその京田は1回にDeNAから移籍した先発の井納から三塁打を放っており、黙っているわけにはいかなかった打席。与田監督から、ようやく競争できるレベルになったと言われるようになった根尾の挑戦はまだまだ続く。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8c72422390068583885e3bca1a2b3b706354321
2/25(木) 14:30配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614243645

【野球】「52歳でこんな球が…」 YouTubeで公開された巨人・桑田真澄コーチの“登板”に感動の嵐! 対戦した丸が差し込まれる場面も

1 名前:jinjin ★:2021/02/25(木) 23:19:29.45 ID:CAP_USER9.net
「52歳でこんな球が…」 巨人桑田真澄投手チーフコーチ補佐の“登板”に感動の嵐


巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐が、23日に沖縄キャンプで打撃投手を行った。
往年の投球をフォームから繰り出された強い球は、練習とはいえ、見ている者を魅了。

その様子が球団公式YouTubeで公開されると、ファンからは「色褪せない」「フォームが綺麗」とかつてのエースの姿を重ねるようなコメントが多く寄せられた。


フリー打撃は丸佳浩外野手を相手に行われ、丸が差し込まれる場面もあった。
最後は「ホームランで決めようか」と桑田コーチ補佐が言うと、しっかりと丸がそれに見事に応え、練習は終了した。


その一部始終を見たファンからは他にも「52歳でこんな球を投げられるなんてすごい」「これを寝ないで(アップされるのを)待っていました」「(世代のファンは)目頭が熱くなる」
「なんて豪華な打撃投手」などと寄せられるなど、それぞれが思いにふけることができるような、感慨深い動画となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/991f7078611557200f227b96f24df8eff4365ca5

桑田真澄 登板 野球は楽しい
https://youtu.be/AXGQi2B1kqA


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614262769
スポンサーリンク
インフォメーション

はてブ数: はてなブックマーク数

このブログについて

相互リンク・RSS募集中です(^ω^)
詳しくは、上記の「このブログについて」を参照してください。


ご要望も随時対応致します。
気軽にお願いします(`・ω・´)
(削除依頼・デザイン・まとめ方 etc..)
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
アクセスランキング
  • ライブドアブログ